抗うつ剤の種類



抗うつ剤の種類は多様化しています。古い順に並べると、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAと5種類に分けられ、市販されているものはなく病院で処方してもらうか通販での購入のみになります。

新しく開発された薬は脳内のターゲットにより選択的にに作用します。治療効果も高く、副作用は少なくなっています。しかし人によっては、新しい薬より、昔からあるものの方がよく効く場合もあります。

新しいからといって一方的に優れているとは必ずしも言い切れないのです。ではどのような種類があるか、それぞれの特徴や、副作用などをご紹介します。

三環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬は1950年頃から使用され始めました。第一世代の抗うつ薬で最も古い抗うつ剤になります。非常に強い抗うつ効果を持つのが特徴ですが、その反面、眠気、口の渇き、便秘、めまいなどの抗コリン性副作用も強く出やすいのが特徴です。

SNRIと比べても三環系には強い抗うつ効果があり、「最後の切り札」として非常に頼れるお薬となっています。脳内で分泌されるセロトニン、ノルアドレナリンなどのモノアミンの再取り込み阻害し、増加させる効果のある薬です。

この「再取り込み阻害」とは、「抗うつ薬」に関連してよく聞く単語です。簡単に言うと、「吸収・分解されてしまうことを妨げる」ことです。

・主にセロトニンを増やすもの(アナフラニール)
・セロトニンとノルアドレナリンを増やすもの

主にノルアドレナリンを増やすものがあり、全体的にはノルアドレナリンを増やすものの割合が高めです。

四環系抗うつ薬

四環系抗うつ薬は、三環系抗うつ薬の後に開発、販売されたうつ病の薬になります。三環系抗うつ薬の欠点である副作用が強い所を改善されました。

三環系抗うつ薬と同様、モノアミンの再取り込みを阻害する作用機序があります。作用機序とは、薬理学用語で「薬物が生体に何らかの効果を及ぼす仕組みやメカニズム」のことです。

三環系抗うつ薬と比べると、ノルアドレナリンという神経伝達物質を優位に増やすことが特徴になります。三環系抗うつ薬では、効果が出るまで2週間程かかるのに対し、四環系抗うつ薬は1週間程で効果出るなど、即効性面でも改善されました。

ただ、確かに副作用などは改善されましたが、その分効果も弱くなってしまい、あまり普及することはありませんでした。 眠気を誘うものが多く、眠りの質を深くする作用に優れているため、鎮静系抗うつ薬と呼ばれ、不眠症が強く出るタイプのうつ病に使用されます。

SSRI

SSRIはSelective Serotonin Reuptake Inhibitorsの略で日本語にすると、選択的セロトニン再取り込み阻害薬になります。三環系抗うつ薬は副作用が強く、四環系抗うつ薬は効果が弱い。そこで開発されたのがSSRIになります。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬ですので、セロトニンだけを選択的に、吸収や分解を妨害する事により、脳内で増える事になります。

三環系抗うつ薬がモノアミンに効果を発揮するのに対し、SSRIはモノアミンの中のセロトニンにのみ効果を発揮するので、三環系抗うつ薬に比べ副作用がとても少なくなり、副作用は吐き気、嘔吐、性欲低下、不眠などですが、効果もきちんとあり、SSRIは現在、うつ病治療薬として第一に選択される薬となりました。

SSRIはプロザック、ジェイゾロフト、レクサプロなどが販売されています。

※リンク先はレクサプロのジェネリックです。

SNRI

SNRIはSerotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitorsの略で日本語にすると、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬になります。SSRIがセロトニンだけを選択的に阻害するのに対し、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンを選択的に阻害します。

SSRIの抗うつ剤は、主にセロトニンの再取り込みを阻害することで、セロトニンの濃度を増やします。SNRIはセロトニンだけでなくノルアドレナリンも増やす事が大きな特徴です。

セロトニンは「落ち込みや不安を改善させる」と考えられており、ノルアドレナリンは「意欲を改善させる」と考えられています。またノルアドレナリンには、心因性の痛みを軽減させる働きがあると考えられています。

副作用は、口渇、吐き気、嘔吐、便秘、眠気などで、SSRIと同様に、効果と副作用のバランスが良く、うつ病治療薬として第一選択となっている薬です。 SSRIはサインバルタが販売されています。

※リンク先はサインバルタのジェネリックです。

NaSSA

NaSSAはNoradrenergic and Specific Serotonergic Antidepressantの略で日本語にすると、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬になります。

NaSSAはSSRIと違い、再取り込みを阻害するのではなく、分泌量を増やすことで抗うつ作用を発揮する薬となっています。SSRI、SNRIと作用機序が異なるため、SSRIやSNRIが合わなかった人にでも効果が期待できます。

SSRI、SNRIが三環系抗うつ薬から進化したのに対し、NaSSAは四環系抗うつ薬から進化しています。四環系抗うつ薬と同様に眠りを深くする作用に優れているため、この薬も、鎮静系抗うつ薬のカテゴリに入ります。

NaSSAはレメロンが販売されています。

※リンク先はレメロンのジェネリックです。

人気の抗うつ剤

抗うつ剤で1番有名なのはデパスになります。デパスは腰痛や肩こり、不眠症、統合失調症、心身症さらには更年期障害の症状にも効く優れた医薬品です。
人気の抗うつ剤はSSRI軽度から中度のうつ病の方によく処方されています。安全性の高いプロザックや使用しやすいジェイゾロフトなどになります。
ジェネリックですと後発医薬品なので通販で簡単に安く入手できます。即効性のあるセディールや超短時間型の睡眠薬のソナタジェネリックになります。

デパスの特徴



デパスは1984年に発売された抗うつ剤です。主に不安を和らげてくれる作用を持っていて「安定剤」「精神安定剤」とも呼ばれています。

精神科だけでなく内科や外科でも処方されることが多く日本でも使用している人がとても多い有名な抗うつ剤です。

デパスの作用は非常に緩やかであり副作用や依存性の少ない所が特徴的です。有効な薬だからこそ広く使われており、万能薬とも言われています。

ただ効果が高いという事は逆に副作用も出やすくなります。デパスの副作用はやや多い部類に入ります。

また規制されてしまったデパスに代わって同じような効果をもつ後発薬(ジェネリック)もたくさん開発されています。デパスの代用薬としておすすめなのは、バスピン、バスパージェネリック、リスパダールジェネリックなどがあります。

※リンク先はデパスのジェネリックです。

ジェイゾロフトの特徴



ジェイゾロフトは、SSRIという系統に分類されている抗うつ剤になります。

神経物質であるセロトニンにのみ作用することから、従来までの抗うつ剤に比べ副作用を少なく抑えることができています。

副作用が少なく抑えられている分、効き目が弱くなったと感じることもあるかも知れませんが、服用はしやすくなっているはずです。

強すぎず、副作用が少ないという特徴から、世界的にも処方しやすい薬として幅広い層から指示されている抗うつ剤となっています。

プロザックの特徴



プロザックはSSRIという種類の抗うつ薬に分類されますが、脳内の神経伝達物質である、セロトニンに選択的に作用する特徴があります。

他の場所に作用しないので副作用もでにくく、他の抗うつ薬の中でも安全性が高いと言われています。

なので、うつ病など精神疾患の治療をするのであれば、SSRI系統であるプロザックが第一選択となるはずです。

プロザックの通販

※リンク先はプロザックのジェネリックです。

セディールの特徴



セディールやソナタジェネリックなども、デパスに比べ安全性は高い抗不安薬や睡眠導入剤となっているのでオススメです。

抗不安薬であるセディールは、即効性が特徴のお薬です。

またデパスほどではありませんが、効き目も強いと言われています。

ソナタジェネリックの特徴



ソナタジェネリックはデパスと同じように、超短時間型の睡眠薬となります。

不眠症の中でも入眠障害とされる症状に適していて、服用から15〜30分もすれば入眠することができます。

切れも良いことから、翌朝に効果が残ることもほとんどないので安全に使用することができます。
また、抗不安薬としても効果を発揮してくれます。

抗うつ剤を通販で購入する方法



抗うつ剤を通販で購入する方法についてですが、2016年10月よりデパスやアモバンと言った薬品が向精神薬の指定に伴い、個人輸入の規制が発表されました。

今までは海外医薬品の海外通販サイトなどで購入することが出来ていましたが、10月からは病院での処方は可能となっていますが、通販では購入することが出来なくなっています。

抗うつ薬であればプロザック、抗不安薬ならセディール、うつ病の症状の1つ不眠に悩まされているのであればソナタジェネリックなど切り替えを検討してみて下さい。

どれもきっと、デパスの代用になってくれるはずです。これを機に、海外通販サイトを覗いてみるのもアリかも知れませんね。

抗うつ剤の注意点

抗うつ剤はすぐにやめる事ができない薬ですよね。女性の方は特に妊娠や授乳への影響があるのではないかと心配される方も多いと思います。予想外の妊娠がわかり慌てる方もいるかと思います。その他にも使いすぎてしまうとどんな症状がでてしまうのか、いつまで服用を続ければいいのかなどの、注意すべき点を知っておきましょう

抗うつ剤の使いすぎについて

抗うつ剤は服用すると精神を安定させてくれるのはもちろん。ですが薬の量が足りなかったらまったく効果が出ない事もあります。また薬があっていなくて効果が出ない事もあります。

逆に薬の量を過剰に増やしてしまったり、効果が強すぎる薬を飲んでしまった時には過鎮静が起きます。過鎮静とは頭がボーっとしたり、眠気やふらつきが起きる状態の事を言います。使いすぎてしまうと命にも関わるのでどの抗うつ剤も独自の判断で過剰摂取だけは止めましょう

症状が改善しても暫くは継続しましょう

症状が落ち着いてきたら抗うつ剤の服用は今すぐにでも止めたいところですよね。しかしうつ病は再発率が最も高いので、症状が落ち着いても暫くは服用を続けましょう

・初めてうつ病になった人は半年。
・再発の場合は1~2年。

がおおむねの目安とされています。今現在、精神科に通っている方も、「そんなに服用を続けなくてはいけないのか」と感じた方は、少しでも安く同じ効果のある抗うつ剤を入手した方が、お財布に優しいかもしれませんね。通販で探してみるととても安価で購入できるのでとてもおすすめです。

【抗うつ剤を服用で妊娠への影響は?】


万がいち、抗うつ剤を服用している時に妊娠が発覚しても過度に心配しなくて大丈夫です。胎児への影響はほとんど無いと考えられています。抗うつ剤が影響するのは赤ちゃんが産まれた後です。産まれたあとに離脱症状や、中毒症状が起きる事があります。

大切なのは抗うつ剤を服用している事を産婦人科で伝える事です。伝える事で離脱症状のリスクも考え赤ちゃんの状態を注意深く見守ってもらえます。

しかし心理的には大丈夫と言われても影響があるのではと抗うつ剤の服用をやめてしまう方もいます。抗うつ剤の服用を止めてうつ病の悪化からのストレスも赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性もあります。

もし服用中に妊娠が分かった場合は産婦人科の薬外来に相談してみるのもよいですね。

抗うつ剤を必要としている人

世界で何人の人が、うつ病に苦しんでいるか、抗うつ剤を必要としているか知っていますか?2015年には世界で3億2200万人で2005年からの10年間で18.4%増加しています。

世界保健機構(WHO)も国レベルの早急な対策が必要とされており、日本だけでも505万8124人も居ます。WHOによると、うつ病は男性よりも女性の患者の方が1.5倍も多く症状も重たいのです。

年齢で多いのは男女ともに55歳から74歳での発症率が高いといわれています。また自殺に繋がる可能性も持っていて15歳から29歳の若年層の2番目の死因もうつ病なのです。うつ病を少しでも改善するには自分にあった抗うつ剤を見つけ、服用する事で症状も落ち着いていきます。

現在、抗うつ剤の種類は様々あります。自分にあった症状を見つけて改善していきましょう

抗うつ剤について Q&A

抗うつ剤に関してのよくある質問と答えをまとめました。

Q:抗うつ剤にはどのような効果があるのですか?

A:抗うつ剤とは向精神薬のひとつで、うつ病およびうつ状態を改善してくれる薬です。

効果は、うつ状態やうつ病に見られる、抑うつ気分、悲哀気分、無気力などの、うつの症状を改善してくれます。ちなみに、健常者が服用しても副作用が出るだけで、気分は良くなりません。

Q:うつ病の特効薬はありますか?

A:すぐにうつ病がよくなる薬は今の所ありません。

うつ病になると、抗うつ剤を処方されます。抗うつ剤はうつ病治療に有効であるとデーターがあります。また再発を防止する効果もあると言われています。うつ病はは非常に再発しやすい病気なので、症状がよくなっても、最低半年間は同じ量を飲み続けたほうがよいのです。

Q:抗うつ剤とED治療薬や精神安定剤を一緒に飲んでも平気ですか?

A:医師の指示のもとに服用すれば大丈夫です。

抗うつ剤は、まれにEDや性欲減退を起こす事があります。性行為によるプレッシャーなどから心因性のEDになった場合、ストレスや、緊張感をほぐす為に精神安定剤を処方する事もあります。もし支障が生じた時は直ちに服用をやめましょう。

Q:最近副作用の少ない抗うつ剤が販売されたと聞きました。

A:SSRI、SNRIの事ですね。

副作用が少ない抗うつ剤が開発されたのに、なぜ副作用の強い三環系抗うつ剤がいまだに沢山使用されているのか?それは三環系抗うつ剤は抗うつ効果が強いので、重いうつ状態の人には効果を発揮してくれるからなのです。

Q:うつ病は遺伝しますか?

A:可能性は30 %~70%です。 逆にうつ病にかからない可能性も30%~70%です。

正直、遺伝でうつ病になる可能性は、高くも低くもありません。遺伝もありますが、なによりも、環境が大きく影響してきます。例えば親がうつ病になり、日々否定的な考えを聞かされていたら、子供も知らないうちに、否定的な考えをするようになります。同じ環境にいれば可能性としては高いかもしれませんね。

Q:抗うつ剤を飲み続けても平気ですか?

A:飲み続ける期間は症状にもよるので一概にはいえません。

一番多い質問になりますが、症状の改善具合や状況によります。同じ症状で抗うつ剤を服用していても、短期間(2週間から1ヶ月)の服用で回復する方もいれば、長期間服用する方もいます。要はあせらず、ゆっくり改善していく事が大切です。

Q:抗うつ剤が効ききません

A:早くて2週間、出来れば1~2ヶ月は様子をみましょう。

抗うつ剤には様々な種類がありますが、どれくらいの期間、抗うつ剤を飲んだ時点で「効果あり」「効果なし」と判断してよいのか分かりませんよね。

果たして1週間飲んだら分かるのか、1ヶ月は様子を見たほうがいいのか。実は決まりはありません。早くて2週間、出来れば1~2ヶ月というのが医師の判定の目安になります。

最近の抗うつ剤は改良されている為、人によっては1週間で効果が出始めるものもありますが、しっかりとした効果を判定するには最低でも2週間は必要とされています。

「効かないから種類を変えて欲しい」と言う人も居ますがひとまず1ヶ月程我慢し様子を見るのがどの薬にもいえる事ですね。

抗うつ剤と抗不安薬の違い

抗うつ剤と抗不安薬は似ているように思われがちですが、実際の所は、種類(系統)が違う薬になります。

抗うつは、うつ状態の改善や治療に使用されています。即効性はなく効果を得るまで1~2週間程掛かります。また1~2ヶ月服用を続ける事で効果を感じる事ができる薬になります。時間をかけながら徐々に症状を改善させます。

抗不安薬は、緊張、興奮、不安といった状態の脳から、不安を取り除く効果があるお薬です。また、緊張、不安により、寝付く事ができなくなり、不眠状態にも効果が見込めます。不眠症の人にも睡眠薬として使用されています。

2つの大きな違いは、抗不安薬はうつ病そのものを治す効果はないのです。簡単に説明すると、抗うつ剤と抗不安薬は、神経系や、精神的な部分、心のやまいの改善や解消に利用する部分では共通になります。

しかし「うつ状態そのものを時間を掛けて治療する抗うつ剤」と「即行性があり、一時的な不安、緊張を和らげてくれる抗不安薬」の役割をもっているので、人それぞれ使用用途が変わってきてしまいます。

通販なら様々な種類の抗うつ剤を購入できます

日本では抗うつ剤を市販で購入できず、薬局でも医師の処方がなければ、購入出来ないのです。

しかし通販を利用する事で市販薬として購入できない抗うつ剤を簡単に低価格で入手できてしまうのも事実です。

ジェネリック(後発)医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分、同じ効果ですがジェネリックなので圧倒的な安さになる為、通販で購入する方も増えています。

もう1つ魅力的なのは医薬品についての説明もしっかり記載されているのと、自分の症状にあった抗うつ剤を選べるのも嬉しい所です。クチコミや体験談なども見ながら気に入った通販サイトを見つけて購入しましょう。

通販は手軽に購入でき簡単に服用できますが、服用する量だけはしっかり守りましょう

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識