安全に服用できる抗うつ剤

うつ病とは、誰でもなる可能性のある大変身近な病気であるといえます。
単純に気分が落ち込んだり、意欲が低下しただけでは、うつ病ではありません。
自分自身でも原因がわからず、苦しく、辛い状態が2週間以上続いてしまう状態です。
精神疾患である、うつ病ですが、気持ちでどうにかなるものではなく、治療が必要となってきます。
原因の1つとして、脳内にある神経伝達物質が不足してしまいうつ病が発現するといわれています。
精神面で気分が落ち込み、やる気などもなくなってしまう場合がありますが、肉体面でも症状がでる場合もあります。
身体が重く、だるいや、不眠症や頭や肩の痛みなどが症状として出ます。
肉体面の症状を強く感じてしまい、精神的な症状が見えにくくなってしまうことがあります。
これを仮面うつと呼びます。
治療にはカウンセリングなどと同時に薬物療法を用いて治療を行っていきます。
デパスという抗うつ剤です。
デパスとは、身体をリラックスさせてくれ、不安などを和らげてくれる効果があります。
ベンゾジアゼピン系に分類されるクスリであり、ベンゾジアゼピン系は依存性があるクスリとして知られていますが、必ず依存してしまうわけではありません。
使用方法を守り、決められた期間に正しく服用をしていけば、そこまで心配する必要はありません。
依存が気になる方には、ジェイゾロフトという抗うつ剤がおすすめです。
依存性はクスリの効果の強さに関係していて、ジェイゾロフトは効果がそこまで強くないので、安全性が高いクスリとされており、病院で処方される事も多くなっています。
弱点として、効果が弱いので、重度の症状の方には効果が期待できな場合があります。
SSRIという種類に分類され、脳内の神経伝達物質である、セロトニンに選択的に作用する特徴があります。
他の場所に作用しないので副作用もでにくいとされています。
なので、症状が軽い人にむいており、第一選択としておすすめできるクスリとなっています。