イフェクサーとは

イフェクサー

イフェクサーとはSNRIというカテゴリーに属する抗うつ剤になり脳内のセロトニンおよびノルアドレナリンの両方に作用する事で、うつの症状を改善してくれます。

海外ではメジャーな抗うつ剤として販売されています。イフェクサーは最初にスイスで発売されその後90カ国で使用されています。日本では2015年から発売されるようになりました。

※リンク先はイフェクサーのジェネリックです。

イフェクサージェネリックとは

イフェクサージェネリック

イフェクサージェネリックとはSSRIを改善した新しいタイプの抗うつ剤になります。うつ病や、うつ状態、精神的不安な症状に病院で処方されている抗うつ剤になります。

効果はイフェクサーとかわらないのですが通販で購入する事で1錠あたり27円で購入できてしまいます。

病院でも処方はされていますがここまで安くはなりません。交通費や診察代などもかかりますし、何より病院は待ち時間がとても長いのです。

しかし通販で購入する事で24時間好きな時に注文できてしまいますので、待ち時間もありません。海外から薬が発送されるので自宅に届くまで2週間近くかかる事がありますが前もって購入しておけば問題はありません。

なによりうつ病を治すには時間もかかりますので少しでも金銭的に安く済ませたいのであれば、27円で購入できるイフェクサーがおすすめです

※リンク先はイフェクサーのジェネリックです。

うつ病の診断

こちらでうつ病の診断が無料でできます。自分はうつ病なのか?と感じた方は是非「うつ病の診断」を1度試して見ましょう。21個の質問に答えるだけで病院に行かなくても今の症状が分かり、うつ病の状態やアドバイスも貰えるので今後の参考にもなります。

イフェクサーの効果

イフェクサーの効果

イフェクサーはうつ病やうつ状態の症状の方がよく服用しています。うつ病やうつ状態には、セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンといった神経伝達物質が大きく関わってきます。神経伝達物質の量が不足してしまう事でうつ病になってしまうのです。

イフェクサーの抗うつ剤の種類はSNRIになります。SNRIのイフェクサーはセロトニンとノルアドレナリンを増やしてくれる効果があります。

セロトニンが増えるという事は、気分の落ち込みや不安の改善に効果があり、ノルアドレナリンが増える事で意欲や気力の増加に繋がります。

この2つに効果があるので、うつ病やうつ状態の症状がある方にはピッタリの抗うつ剤といえます。

早い方だと1週間程で効果を実感できますが、個々によって効果のでかたは違うので2週間程は様子をみましょう。

イフェクサーの効果の持続時間

イフェクサーの効果は服用後6時間で最大の血中濃度になります。半減期は9時間で血中濃度が半分になります。

半減期がイフェクサーの効果を発揮する時間の目安になります。

しかし効果が出るまでには個々により時差もありますので、必ずしも上記の時間と一致するわけではありません。

イフェクサーの効果が出るまで

イフェクサーの効果がでるまではどのくらいかかるのか。抗うつ剤は使いはじめてから2週間~4週間程で効果が出はじめます

しっかりした効果を実感したいのであれば月単位の時間が必要になります。抗うつ剤は効果がでるまで我慢する必要があります。

ちなみにイフェクサーはうつ病に対する反応は早い方だといわれています。最低でも4ヶ月~9ヶ月の服用が必要とされています。

イフェクサーが効かない人

通常ですとイフェクサーを服用する事で改善が見られるはずですが、うつ病以外の症状(不眠、だるさ、疲労感)が改善されなかったという方もいます。

イフェクサーの最大量である225mgまで増量しても効果が感じられない場合は薬を変更してみましょう。

イフェクサーの副作用

副作用

イフェクサーは位置づけとしては強い薬といえます。しかし強い薬の割には、副作用が少ないと位置づけられています。

個々によって副作用のでかたも違うのであくまでも目安と思ってください。

イフェクサーの主な副作用は、吐き気、頭痛、便秘などがあります。その他にも口内乾燥や頭痛があります。

イフェクサー服用で太る?

イフェクサーの副作用には体重増加がありますが、発生頻度は1~5%となっています。

反対に体重減少の副作用は発症頻度が5%。食欲減退の副作用の発症頻度は1~5%とされています。副作用が辛い時は、医師に相談してみましょう。

イフェクサーで性欲低下・性機能障害

医師

抗うつ剤と効くと性欲低下するのでは?性機能障害を起こすのでは?と心配になる方いますよね。

その頻度は抗うつ剤によって違いがあります。

性欲低下や性機能障害が起こりえる原因はセロトニンが関係しています。セロトニンに集中する抗うつ剤といえばSSRIの種類になります。

イフェクサーも性機能障害が起こりえますが、その頻度は他のSSRI、SNRIにと比べるとやや少なめになります。ちなみに性欲低下や性機能障害が一番少ないのはNaSSAの種類になります。

NaSSAは抗うつ剤のリフレックスレメロンなどの抗うつ剤になります。

※リンク先はレメロンのジェネリックです。

イフェクサーで性欲低下・性機能障害が起きた時の対処法

イフェクサーを服用し性欲低下、性機能障害が起きた時の対処法はどのような方法があるのでしょうか。

・イフェクサーを減薬してみる。
・主治医に相談する。
・性欲低下、性機能障害が少ない抗うつ剤に変更してみる。
・しばらく様子を見る。

その他にも朝にイフェクサーを服用する事で夜には改善されている事もあるので時間帯をかえてみるのもよいかも知れませんね。

1つ注意する事は服用する時間帯は日によって変更することはできません。朝に服用すると決めたら原則毎日同じ時間にイフェクサーを服用するようにしましょう。

イフェクサーの特徴

イフェクサーのなにが特徴的かといいますと、SSRIと呼ばれているパキシルといった薬がありますが、パキシルはセロトニンにだけ働きかけるタイプになり、イフェクサーはセロトニンに加えノルアドレナリンまで働きかけれるのが特徴になります。

イフェクサーが向いている人

家事をしている女性

イフェクサーの服用が向いている人について紹介していきます。

【うつ病・うつ状態の方】

イフェクサーはうつ病やうつ状態に対して効果が認められた薬になります。日本での発売にあたり、うつ病、うつ病状態の方への効果のみ許可されました。

・仕事や家事をこなしながら改善したい方
・痛みがある方
・不安が強く、気力や意欲がでない方

眠気の副作用がまったくないわけではありませんが他の薬と比べると少ないので仕事や家事もこなしながら改善したい方に向いています。

また痛みに関してはうつ病の方の中で頭痛をはじめとしたなんらかの痛みを伴っていることが7割ほどあります。うつ状態の症状が改善しても痛みが体に症状として残ることもあります。

症状が残っていることで再発率が高くなってしまいます。残さないためにもイフェクサーを服用する事で改善されます。

※リンク先はイフェクサーのジェネリックです。

イフェクサーの服用方法(飲み方)

飲み方

初期の服用方法はイフェクサーを1日1回食後に37.5 mg を服用します。1週間後から75mgに増量します。

ゆっくり量を増やしていくことで初期に起こりやすいと言われている吐き気といった副作用を最小限にする事ができます。最大150 mgまで増量可能です。

噛み砕いたりしないで服用しましょう。

イフェクサーの併用禁止薬

以下の方は併用できません。

・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中、あるいは2週間以内に投与していた方
・重度の腎機能障害または透析中の方
・重度の肝機能障害の方
・血液をサラサラにする薬を服用されている方
・慢性の疼痛に対し処方されているトラマドールを服用されている方(てんかん発作を起こすリスクがある為)

妊婦さんの服用に関して

妊婦

イフェクサーは妊婦さんや授乳婦さんも服用してよいのか?

妊婦さんに関しては「やむ得ない場合に限り」使用を許可されています。

薬剤胎児危険度分類基準ではイフェクサーの胎児への危険度を「危険性を否定することができない」といっています。

精神的に辛い時にイフェクサーの服用をやめてしまうと減薬した事で精神状態が不安定になってしまい結果流産してしまったという方もいます。妊娠中にも服用を続けたい時は、産婦人科の医師に相談する事を忘れないで下さい。

次に授乳婦さんがイフェクサーを服用してもよいのか?

イフェクサーは他の抗うつ剤と同じく母乳に移行することが確認されているので、イフェクサーを服用しながら授乳する事はできません

イフェクサーの服用を続けたい時は母乳はあげずに、粉ミルクなどにしましょう。

未成年・小児の服用に関して

イフェクサーは子供も安全に服用できる抗うつ剤なのか?

イフェクサーはSSRIと同じく、未成年への投与に関しては効果が確率されていません。ですので「できる限り仕様はしないように」「安易に使用しないように」とされています。

子供に関しては抗うつ剤以外の方法(環境調整やカウンセリングなど)で改善しましょう。

イフェクサーとアルコールに関して

アルコール

イフェクサーとアルコールによる相互作用は確認はされていませんが他の抗うつ剤ではアルコールを併用した事で作用が強くなったという報告があがっています。作用がつよくなってしまうと、ふらつきや自殺行為などの副作用も出やすくなってしまいます。

イフェクサーを服用した事で死亡例はありませんが、アルコールを服用した事で自殺願望がなくても副作用で起こりえる危険性があるのでアルコールとイフェクサーを同時に服用、アルコールと併用する事は避けましょう。

イフェクサーを通販で購入

通販

イフェクサーは病院でも処方はしてくれますが、イフェクサーの薬価は1錠あたり157円になります。ですが病院で処方してもらう事で他にも薬学管理料や調剤料も加算されます。保険適用ですと合計金額の3割が自己負担になります。

詳しい症状を知るには病院に行かなくてはいけませんが、少しでも金銭面を浮かせたいのであれば、通販での購入をおすすめします。

通販で購入すると病院ではまとめて処方してもらえない量を購入する事もでき、さらにまとめ買いをする事で1錠あたりが安くなるメリットもあります。

※リンク先はイフェクサーのジェネリックです。

イフェクサーを市販で購入

イフェクサーは市販では販売されておらず、現在似たような医薬品、ジェネリック医薬品も販売されていません。

イフェクサーは病院で処方して貰うか、通販で購入するかのどちらかになります。病院で処方されるとイフェクサーの1錠あたりの薬価は157円になり通販で購入すると、1錠あたり27円で購入できます。

人に合わず購入できる

病院に行く事で近所の人や知り合いに会ってしまうと、なんともいえない気まずさがありますよね。

できる事なら誰にもばれずに薬を入手したい方も多いと思います。ばれずに購入できるのはやはり通販しかありません。

通販で購入する事で、荷物が自宅に届いても箱の外に商品名が書かれているわけではないので、自分が開けるまでは何が入っているかもばれないのです。

安い価格で購入できる

なぜ通販をこんなにおすすめするかというと、例えばイフェクサーでしたら同じ薬なのに病院で処方して貰っても、薬価はかわりません。

通販ですと交通費や診察代などもかからないので薬代だけで購入できます。

通販ならではのメリットともいえます。

イフェクサーメリットデメリット

メリットデメリット

イフェクサーを服用するにあたりメリットとデメリットもあるので紹介します。

【メリット】

・比較的副作用が少なめである。
・海外と同じ用量を服用できる。
・気力や意欲を高めてくれる。
・痛みに効果が見られる。

【デメリット】

・離脱症状が出る可能性がある。
・薬価が他の抗うつ剤の種類と比べ高い。

イフェクサーと似た効果をもつ薬

イフェクサー以外にも抗うつ剤が沢山販売されています。

例えばプロザック(1錠27円)、セディール(1錠139円)、レクサプロ(1錠31円)などもうつ病に効果があります。

もしイフェクサーを服用しても効果が感じられない時はこちらの薬に変更するのもよいかと思います。

イフェクサーのまとめ

イフェクサーのまとめ

セロトニンとノルアドレナリン2つの効果を発揮してくれるSNRIのイフェクサーですが、サインバルタよりもセロトニン作用が強いSNRIといえます。なにより仕事や家事しながら治療ができるのがとても魅力的です。

現在うつ病の治療薬の第1選択薬として推奨されている薬剤でもあります。

※リンク先はイフェクサーのジェネリックです。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識