サインバルタとは

サインバルタとは

サインバルタとはSNRI系の抗うつ剤になり、2004年以降日本も含め世界104カ国と地域で承認されています。2010年から病院でも処方されるようになり精神科、内科、整形外科でよく処方されています。

サインバルタはうつの症状やうつ状態、慢性腰痛症などの痛みに対し抑制効果を発揮します。副作用も少ないため服用しやすくなっています。

サインバルタはセロトニン、ノルアドレナリンの2つの神経物質に作用します。この2つの取り込みを阻害する事で「気分の落ち込み」「不安」「意欲低下」「集中力低下」「思考力低下」などが改善されます。

うつ病の診断

最近落ち込みやすくなっている」もしかして自分はうつ病なのか?と感じた方は是非こちらのうつ病の診断をやってみましょう。

男性も女性も21個の質問に答えるだけで自分のうつ病の状態がわかります。

無料で診断してくれるので是非1度試してみてください。またアドバイスも貰えるので今後の参考にもなります。

サインバルタの主成分

サインバルタの主成分はデュロキセチンになります。痛みを感じる際に私達の体の中には「刺激→脳→痛み」と伝達されます。

上行性伝導路(刺激→脳)と下行性伝導路(脳→痛み)になり、サインバルタは下行性伝導路(脳→痛み)の抑制に働く鎮痛薬になります。

サインバルタの特徴

サインバルタは発売当初はうつ病、うつ状態に適応していましたが、その後、慢性の腰痛や糖尿病による神経痛への適応も認められました。

サインバルタはセロトニンとノルアドレナリンの取り込みを阻害する事で脳内物質の量を増やす事ができ、うつ病やパニック障害の症状が改善されます。

その他にも「抑うつ気分」「入眠障害」「精神不安定」などの症状も改善できます。

サインバルタの効果

サインバルタの効果

サインバルタは効果が強くうつ病の症状やパニック障害に効果を発揮します。また「意欲、気分の向上」「心因性による痛みの軽減」などにも効果があります。

サインバルタの血中濃度が最も高くなるのは服用後6~8時間程になります。効果の持続時間は個人差があるので注意しましょう。

飲み始めてから1週間程で効果を実感できる事が出来ると言われ時間が早いことで知られている薬になります。

サインバルタが効くまでの時間

サインバルタは服用しはじめてから体に合っている方だと1週間程で効果を感じられる事ができます。

薬によっては1ヶ月かかる事もあるので「すぐに効果を実感したい」という方にサインバルタはオススメになります。

症状により効果の出かたはかわるので2~4週間みていただければ効果を感じられるかと思います。

サインバルタの副作用

サインバルタの主な副作用は比較的少ないとされていますが「体がだるい」「不眠」「腹痛」「めまい」「下痢」「頭痛」「口の渇き」「吐き気」「「便秘」「性機能障害」「不眠」などになります。

サインバルタを服用する事で性機能障害がみられますがSSRIでよく見られる副作用になります。SNRIのサインバルタでも40%ほどの方にみられる副作用になります。

不眠に関してはセロトニンには眠りを浅くする作用がありノルアドレナリンは意欲や気力を高める作用があります。

この2つが合わさる事で不眠の副作用が見られる事があります。SSRIと比べるとそこまで睡眠に対し影響はありません。

サインバルタの不眠の副作用の対処方法

サインバルタを服用した事で不眠が生じた場合の対処法はこちらになります。

・まだ飲み始めたばかりであれば様子を見ましょう。体がサインバルタに慣れ不眠の副作用が半減する事があります。
・サインバルタの服用する量を少量からはじめてみましょう。はじめから服用する量が多いと体もビックリしてしまいます。10mgからはじめてみるのもよいかもしれないですね。
・似た効果をもつ抗うつ剤に変更する。

どうしても不眠に対しての副作用がきつい時は、似た効果を持つトレドミンなどに変更してみるのもよいでしょう。サインバルタからトレドミンに変更したら調子がよくなったという方もいるので、まずは服用し自分の体に合っているか試してみるのも大切になりますね。

※リンク先はトレドミンのジェネリックです。

サインバルタの飲み方

サインバルタの飲み方

サインバルタの飲み方は1日1回朝食後に服用します。服用量に関しては症状により異なります。なぜ他の抗うつ剤と違い朝食後と指定されているのかは副作用で不眠があるからです

眠る前にサインバルたを服用してしまうと眠れなくなってしあう可能性が出てくるからです。

うつ病、うつ状態、糖尿病性神経障害による疼痛の場合

1日1回朝食後に服用します。服用量に関しては1日20mgから開始し1週間は空けるようにし20mgずつ増やしていきます。最大量は1日60mgまでとなります。

慢性腰痛症による疼痛、線維筋痛症による疼痛の場合

1日1回朝食後に服用します。服用量に関しては1日20mgから開始し1週間は空けるようにし20mgずつ増やしていきます。最大量は1日60mgまでとなります。

サインバルタの飲み忘れ

サインバルタは1週間で効果が出はじめてきます。その為1週間は飲み忘れがないように注意しましょう。飲み忘れてしまった時は気づいた時に服用するようにしましょう。

サインバルタを飲む際に注意が必要な人

サインバルタを飲む際に注意が必要な人はこちらになります。あてはまる方は服用する前に医師に相談しましょう。

・前立腺肥大症による排尿困難の方
・高血圧、心疾患の方
・肝障害(軽度から中度)の方
・腎障害(軽度から中度)の方
・躁うつ病の方
・緑内障、眼内圧亢進の方

サインバルタを通販で購入

サインバルタを通販で購入

サインバルタを服用したい場合病院で処方してもらうか通販で購入するかのどちらかになります。せっかく服用するのであれば少しでも安価で入手したい所ですよね。

簡単ではありますが病院と通販でのサインバルタの値段についてお話しします。

病院でサインバルタ30mgを処方された場合1錠235円になります。

通販でサインバルタ30mgを購入した場合1錠144円になります。

病院に行く場合は、薬代の他にも診察代がかかります。長く服用すればするだけ病院と通販の金額の差は大きくなります。

サインバルタは薬価が高いので、更に安く済ませたいのであればサインバルタ・ジェネリックも販売されています。

通販でサインバルタ・ジェネリック30mgを購入した場合1錠85円で購入できます。

もし現在サインバルタを病院で処方されている方は、これを期に変更する事で金銭面的にだいぶゆとりができるのではないでしょうか。

通販のメリット・デメリット

個人輸入でサインバルタを入手する事もできますが個人ですべての手続きをするとなると相手の国に合わせ言葉を合わせないといけないのでとても大変だと思います。

個人輸入代行業者は自分のかわりに相手の国とやり取りや手続きをしてくれます

そのおかげで私達は通販で購入する事ができるのです。通販サイトも日本語で対応してくれているので普通に買い物をする感じで購入できてしまいます。

通販のメリット・デメリットをしっかり把握した上で購入しましょう。

【通販のメリット】

・長期服用になりそうな時は通販で購入する事で医療費を軽減する事ができます。
・好きな時、好きな時間(24時間)注文する事が可能です。
・病院では処方されていない様々な医薬品に出会う事ができます。
・日々忙しい方、病院があまり好きではない方は、ネット環境さえあれば購入する事ができます。

【通販のデメリット】

副作用に関しては自己管理になります。
・海外医薬品のため発送先が海外からになります。自宅に届くまで2週間程かかる事があります。
・人気のある商品は売り切れになりやすいので注意しましょう。

人に合わず購入できる

人に合わず購入できる

病院が苦手な方には理由がありますよね。「面倒くさい」「知り合いに合いたくない」「待ち時間が長い」「人が多い」これをすべて解決してくれるのが通販です。

知り合いや近所の人とも合わず、どのような理由で病院に来ているのかもばれず、欲しい医薬品を通販サイトで購入するだけで荷物が自宅に届きます。

もちろん医薬品名も記載されていないのでなにを購入したかもばれる事はありません。

安い価格で購入できる

通販サイトによっては正直値段もバラバラですが病院と比べると、とても安く入手できるのは間違いありません。自分が信用できるサイトを見つけ少しでも安く購入しましょう。

購入する際の注意点

通販で医薬品を購入する際の注意点がいくつかあります。下記の事に気をつけましょう。

・安すぎるサイトには気をつけましょう。
・日本語がたどたどしいサイトには注意しましょう。
・口コミなどもチェックし信頼できるサイトか確認しましょう。

サインバルタとジェイゾロフトの違い

サインバルタはSNRIになり「セロトニン」と「ノルアドレナリン」に作用します。

ジェイゾロフトはSSRIになり「セロトニン」にだけ作用します。 どちらもうつ病の治療に使われている抗うつ剤になります。効果や飲み続けられるかの面では大きな差はありません。

ですがノルアドレナリンへの作用が有るか無いかでは改善が期待できる症状や副作用に関しても若干の違いがあります。

抗うつ剤は服用する人によって効き目や副作用に関しても異なる事が多い薬になります。

実際の所は服用してみなければ自分に合っているか合っていないかはわかりません。

うつ病は1~2週間では治りません。自分の体に合った抗うつ剤を見つけ服用するようにしましょう。

サインバルタと似た効果を持つ薬

サインバルタとはSNRI系の抗うつ剤になりSNRI系には他にもイフェクサー、トレドミンなどがあります。

2種類とも「うつ病」「うつ状態」に効果を発揮してくれます。イフェクサー、トレドミンとの違いについて簡単に紹介していきたいと思います。

サインバルタとイフェクサーの違い

SNRIにはサインバルタの他にイフェクサーがあります。

サインバルタはセロトニンに対する作用が強いとされていますが、イフェクサーはサインバルタよりもセロトニン作用が強いSNRIになります。

イフェクサーは「仕事をしながら治療をしたい方」「不安が強い、意欲や気力が出ない方」「痛みがある方」に向いています。

サインバルタとトレドミンの違い

SNRIにはサインバルタの他にトレドミンがあります。

サインバルタの効果は「副作用は普通、効果は強め」になり、トレドミンの効果は「副作用、効果と弱め」になります。

同じSNRIでも「セロトニン」「ノルアドレナリン」の再取り込みの比率や力が異なっています。

サインバルタはセロトニンに対する作用が強く、トレドミンはノルアドレナリンに対する作用が強くなります。

トレドミンは「症状が軽い方」「意欲、気力が出ない方」「痛みがある方」に向いています。

サインバルタの注意点

下記に当てはまる方はサインバルタを使用する際注意が必要になります。症状の悪化、副作用のリスが高まる可能性がありますので以下の症状をお持ちの方は医師に確認しましょう。

・過度のアルコール摂取者も方。
・躁うつ病の方。
・高齢者の方。
・前立腺肥大など尿困難のある方。
・高血圧、心疾患の方。
・緑内症、眼内圧亢進のある方。

併用に注意するべき薬

サインバルタの併用に注意するべき薬はこちらになります。

・三バルタの成分であるデュロキセチン塩酸に対しアレルギー反応をお持ちの方。
・モノアミン酸化酵素阻害剤を使用、もしくは2週間以内に使用していた方。
・高度な肝障害、腎障害がある方。
このような症状がある場合はサインバルタは服用できません。

サインバルタのジェネリック

サインバルタジェネリック

サインバルタのジェネリックとはサインバルタのジェネリックになります。成分が同じなので、効果、副作用に関しては同じになります。

違う所と言えば値段に関してはまったく違います。ジェネリックと言う事もありとても安く購入する事ができます。

上記にも記載しましたが、病院でサインバルタを処方された場合は1錠235円になります(診察料別)。
通販でサインバルタを購入した場合1錠144円になります。
またサインバルタジェネリックを通販で購入した場合は1錠85円になります。
上記に関しては30mgの値段になります。なんと20mgを購入した場合は1錠44円で購入できます。

長期服用する方にとってはとてもお手頃な値段になるのではないでしょうか。

サインバルタのまとめ

うつ病は完治したと同時に薬の服用をやめてしまうと再発率してしまう可能性が高くなっています。

サインバルタを服用し辛い症状がなくなっても1年は継続して服用する事をすすめられています。1年とはとても長いですよね。

きっと薬代も結構な金額がかかるのではないでしょうか。少しでも経済的負担を減らしたいのであればやはり通販を利用するのが一番最適といえます。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識