ジェイゾロフトとは


日本では2006年と比較的最近になってから認可された抗うつ剤になります。
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)の系統にあたります。
認可されたのは最近ですが、実はジェイゾロフトはアメリカでは「ゾロフト 」という製品名で1991年から認可が下りていました。
なので、既に海外では幅広く使用されていたものになります。

ジェイゾロフトの特徴


ジェイゾロフトはセロトニン(神経物質)にのみ作用するのが特徴 になり、セロトニンを増加させることで意欲低下や抑うつ状態といったうつ病の症状を改改善し、気持ちを楽にしてくれます。
また他の余計なところに作用しないのも特徴になり、従来までの抗うつ剤に多かった副作用症状を少なく抑えることができています
多かった副作用は、次のようになります。

・口の渇き
・便秘
・立ちくらみ
特徴を簡単にまとめれば、余計なところに作用しない安全性の高い薬とすることができます。

効果のある精神疾患


ジェイゾロフトが効果的な精神疾患は、うつ病以外にもあります

・パニック障害
・外傷後ストレス障害(PTSD)
・強迫性障害
・摂食障害

2005年にPTSDは追加承認され、うつ病以外にも様々な精神疾患に有効となっています。

ジェイゾロフトの効き目の強さと作用時間


ジェイゾロフトは、作用時間が非常に長いです。
そのため、1日の服用回数が1回で済むというメリットがあります。
半減期(薬の効果が半減されるまでの時間)が22~24時間となります。

効き目の強さですが、これはそれほど強いとは言えません。
同じSSRI系統でいえば、パキシルやレクサプロなどの方が効き目が強いとされています。

ただ、効き目が強い薬=良い薬という訳ではなく、症状の度合も人によって変わるので強すぎるのは合わないという人にはオススメです。
強すぎず、副作用が少ないジェイゾロフトは、処方しやすい薬として医師たちからも支持されている抗うつ剤になります。

ジェイゾロフトの副作用


副作用が少ないといわれるものの、やはり合う合わないというのがあるので、副作用症状を訴える人も中にはいます。
特に多いとされているのが「吐き気」になります。

飲みはじめに見られやすい症状とされ、人によっては2週間ほどで治まりますが、続いてしまう人は服用期間中は吐き気に悩まされることも。

また「ジェイゾロフトを服用したら痩せた」という人がいますが、おそらく吐き気の影響で食欲が阻害されてしまったことで体重が減ったと誤解されているのかも知れないです。

太りやすくなる抗うつ剤は種類によってはありますが、決してジェイゾロフトは痩せる薬ではないので要注意。
不眠」が起こることもあり、セロトニンが増えたことで眠りが浅くなることがあり、眠れないことが続くようであれば、医師に相談してみてください。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識