セディールとは

セディール

セディールは「タンドスピロン」という成分で出来た抗不安薬です。

日本では1997年に承認されたお薬で、従来までの抗不安剤は、ベンゾジアゼピン系と呼ばれる系統のものがほとんどでしたが、このセディールはアザピローネ系と呼ばれる新しいタイプになります。

実はセディールはあまり人気のある薬とはいえません。なぜかというと、効果が出るまでに時間がかかるうえに効いてる時間も短いといった特徴がある事から、即効性を求める人にとっては不向きなお薬だからです。

ですが、その分、副作用が出にくく、依存性も低い為離脱症状が出る可能性も低いとされている安全性のとても高い薬であるという所がこのセディールのいい部分であり、特徴のひとつとされています。

セディールの効果

セディールの効果

セディールはセロトニンが放出されるバランスを整えるという効果があり、不安を軽減するのに関係している部位を狙い打ちしてくれます。 ここが他の抗不安薬とは違った部分で、今までのベンゾジアゼピン系の薬は興奮あるいは過敏となっている神経を抑え込むという作用がありました。

このセディールの狙い打ち作用を「セロトニン1A受容体部分作動薬」と呼び、抗不安薬に加えて抗うつの効果もあるとされています。

つまり、不安を取除く以外にも抑鬱状態を改善したり、それに伴う睡眠障害などの改善にも役立てることができます。 また、ベンゾジアゼピン系に起こりやすい、筋弛緩作用からなる脱力や健忘、依存症などが起こりにくいと言われているのでセディールは安心して飲む事が出来ます。

セディールはうつ病をはじめ、不安障害、自律神経失調症や不眠症に効果があるとされています。

セディールが効くまでの時間

セディールは効果を感じにくいお薬ではありますが、実際飲んでから1.4時間前後で身体には効いてきます。

じわじわと時間をかけて効果を高めて行くのがセディールの特徴でもあるので、実際飲んでる時には効果を感じずに、飲むのをやめてから効いていたんだ!と実感する人が多いほど、そのくらい自然に効いてくるお薬ともいえます。

効果の持続時間

セディールの効果の時間は短く、最大で6時間ほど、10時間も経てば身体の中から完全に消えています。

セディールを飲み続ける事でセロトニン1A受容体部分のバランスを整えていく事がセディールの作用になるので、1日3回しっかりと飲む事でしっかり効果を発揮してくれる身体にとても優しい薬といえます。

効果抜群の使い方

セディールの効果抜群な使い方は次のような症状になります。

・自律神経失調症
・神経症
・不安障害
・睡眠障害
・本能性高血圧症
・消化性潰瘍

セディールはうつ病が軽症の場合、自律神経失調症、不安障害の治療によく使われています。上記にある、本能性高血圧症、消化性潰瘍、睡眠障害に関しては心身症(こころ)が原因だった場合に使われます。

【心身症とは】

・不規則な食生活で胃潰瘍になる。
・タバコが原因で高血圧になる。

これらは心身症ではありません。次に

・ストレスが原因で胃に穴があいたり、血圧が上昇する。

こちらは心身症になります。その他にも不安やストレスが通常よりも強い時もセディールの対象の症状になります。

セディールと似た効果を持っている抗うつ剤

セディールのジェネリックはないのですが似た効果を持っている抗うつ剤はデパスや、ソナタジェネリック、バスパーなどになります。しかし現在デパスは販売されていないので、即行性のあるソナタジェネリックか、安全性の高いバスパーに切り替える方もいます。

セディールの特徴

セディールの特徴と言えば、「安全性が高い」「抗うつ効果を持ち合わせている抗不安薬」になります。抗うつ効果はレクサプロなどと比較すると、弱いので抗うつ剤と併用しながら病院では処方がされる事が多くなっています。

またセディールはデパスのような即行性や強い効果はありません。そもそもセディールは抗不安薬で一般的なベンゾミア系ではないのでそもそも作用する仕組みが違うのです。

その為セディールは効果が出てくるまで数週間かかりますし即行性も低いのですですが耐性や依存症が起こりにくく眠気やふらつきなどの副作用の症状も非常に抑えられています。

セディールは効き目が緩やかなものの非常に安全性が高く抗うつ効果も持ち合わせているのが特徴になります。

もしセディールで効果が弱すぎる場合はレクサプロなどがおすすめです。

セディールが向いている人

セディールの特徴は効果に関しては弱めで、作用時間は短いほうで、即行性はないが、なにより安全性が非常に高いという所になります。ここから考えると

・安全性を重視し、時間を気にせずゆっくり治していきたい方。
・症状が軽い方。
・薬の副作用が心配な方。
・薬に依存してしまわないか不安な方。

に向いている抗不安薬になります。

セディールが向いてない人

・症状が重い方。
・即行性を求める方。
・よく薬を飲み忘れる方。
・ベンゾジアゼピン系の薬で効果を感じられなかった方。
・うつ病を患って3年以上経過している方。
・1日に最大量60mgを飲んでも効果が感じられなかった方。

薬を飲み忘れる人に向かない理由は服用回数に関係してきます。1日に3回服用するので飲み忘れることなくきっちり服用できる方に向いています。

セディールの主成分

 

セディールの主成分はタンドスピロンという有効成分が配合された薬になります。タンドスピロンはベンゾジアゼピンとは違い副作用が少なく安全性に優れた薬になります。

抗不安薬は依存症などの副作用が気になる薬もありますが、セディールは時間を掛けて効果が現れます。そのためからだへの負担も少なく、依存症などの副作用が現れる事もほぼありません。

デパスの代わりにセディールがおすすめ

セディールがおすすめ

抗不安薬として万能で優秀なデパスは人気の薬です。 ですが、通販では購入できなくなってしまい,、その代わりの薬を探している方も多いのではないでしょうか。

次のような症状の方の場合にはデパスよりもこのセディールがおすすめです。 抗不安薬や抗うつ剤にも色々な種類があります。

評判や人気の高さだけで決めてしまうのではなく、その違いをしっかりと知り自分に合った薬で治療していけるようにする事がなによりも大切です。

またその他にもソナタジェネリックなどといった薬に乗り換える方も増えてきています。

デパスと似たような効果を持った薬を通販で安く購入したいと思っている方はこのような薬もチェックしてみてはいかがでしょうか。

セディールの飲み方

セディールの飲み方

1回1錠(30mg)を1日3回服用します。

セディールの飲み方は、年齢や症状によって飲み方も異なりますが、まずは少ない量から始めるようにしましょう。セディールを増量する場合には、最大が1日60mgまでとなっています。

もしも、セディールを飲み忘れてしまった場合には、気がついた時点で1回分を飲みます。ただし、その前の服用から4時間以上あけて飲むようにしましょう。また1度に2回分を一気に飲むという事は絶対にしないようにしましょう。

セディールの飲み忘れ

セディールを飲み忘れてしまった時は、気がついた時に1回分を服用しましょう。ただし次の服用が4時間以内の時は服用せずに、決められた時間にいつも通りに服用しましょう。絶対に2回分を1度に飲んではいけません。

セディールは飲み続ける事でセロトニン1A受容体部分のバランスを整え効果を発揮してくれるので、飲み忘れないように工夫をしましょう。例えば、スマホでお薬時間を設定しアラームなどをかけると、忘れずに1日3回服用できますよ。

セディールとアルコール

ベンゾジアゼピン系の薬とアルコールの併用は危険ですが、睡眠薬や抗不安薬も飲まなくてはいけない。でもアルコールもやめられない。しかしセディールはアルコールとの相互作用がなく併用しても問題が起こりにくくなっています。ですが副作用が強まる可能性は十分にあるので、アルコールを避けられるのなら避けた方が安全です。

セディールの副作用

セディールの副作用

セディールには副作用がほとんどないと言われています。ですが、まったくないかというとそうではありません。

過剰摂取によって、または急に服用量を減らしたり飲むのを辞めたりしてしまうとセディールの副作用が出てしまうというケースもありますので、きちんと用法用量を守って副作用を出さないように気を付けましょう。

・吐き気
・食欲不振
・眠気
・頭痛
・倦怠感
・脱力感

セディールの重い副作用としてはセロトニン症候群を起こすことが稀にあります。 前兆症状として興奮や発汗、硬直やけいれんなどが起こる場合があります。その症状がでた時にはすぐに医師に相談しましょう。

セディールを通販で購入

セディールを通販で購入

セディールは通販で購入出来ます。ある程度の服用期間が必要とされるタイプの薬なので、毎回病院で診察を受けるという手間と時間を省いて、通販で購入している人が多くみられます。

一度処方されてるからには飲み続ける事が確定している薬です。他の抗不安薬に比べると安全性もある事で、気軽に手に入れられる通販を利用すれば通院するよりも気軽にしっかりと飲み続ける事が出来るという事がセディールを利用する理由になっているようです。

実際、セディールは薬としての価格も少し高めに設定されているので、通販ですと少し安く手にいれられるというのも理由のひとつといえるでしょう。

セディールは通販ですと42錠入りで1錠あたり139円になります。値段は少し高めですが、不安を起こしてしまう神経を狙いうちできると言われています。

病院と通販の金額について

セディールはもちろん病院でも処方してもえらえます。病院と通販の薬価は同等の値段になります。

ですが病院では薬の処方以外にも薬剤師の調材料、診察料、病院までの交通費、待ち時間、などを考えると、病院と、通販どちらが得か分かってきます。

ちなみに簡単な診察と薬をもらうだけでも1500円~3000円は掛かります。通販ですと、24時間好きな時に注文ができ、時間の効率的な使い方もできます。

また注文したら自宅に配送してくれるので、周りにばれる事もありません。商品名も特に記載されていないので、配送業者の人にも知られる事はありません。

デパスとセディールの違い

セディールとデパスはどちらとも抗不安薬になります。セディールはデパスと比べて、即効性が貧しく人気はいまひとつの抗不安剤ですが、穏やかな効果で時間が掛かる代わりに、安全性が高く副作用も依存性も低くなっています。ですので高齢の方にも安心して使用していただけます。また日中服用しても支障がないので初めて使用する方や、程度の症状な方に人気があります。

セディールの半減期

セディールは最高血中濃度到達時間が約1.4時間と遅く、血中濃度が半分になる半減期も約1.4時間と短くなっています。つまり服用後1.4時間で最も効果が現れ、その後更に1.4時間で体内の薬成分は半分ほどに減少するという、短時間での切れのよい効果を持っているのです。個人差はありますが、セディールの効果がでるまで、早い人で1週間、遅い人で4週間かかります。

セディールの注意点

セディールの注意点

セディールは他の抗うつ剤に比べると注意する点は少ないとはいえ、薬である以上まったくないという事はありえません。

抗不安薬として割と軽い症状である場合に処方される事の多いこのセディールは重い症状の人には向いてません。また一日の最大量を飲み続けても効果を感じないといった方は他の薬を検討するのも手かもしれません。

その他にベンゾジアゼピン系を飲んでいた人がすぐにセディールに切り替えてしまうと効果が重なってしまい、症状が余計に悪くなるという危険もあるのでその際は注意するようにしましょう。

セディールを飲む際に注意が必要な人

・脳に障害のある人
・重い呼吸器系疾患のある人
・心臓病
・肝臓病
・腎臓病
・重い筋無力症の人
・脱水症状や栄養失調など弱ってる人

併用に注意するべき薬

・ブチロフェノン系薬ー錐体外路症状を増強する危険
・カルシウム拮抗剤ー血圧を一気にさげてしまう危険
・SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)ーセロトニン症候群になる可能性を高める危険

セディールはお茶やコーヒー、紅茶などカフェインとの相性がよくありません。セディールの効果を弱めてしまいます。セディールを飲んですぐにカフェインの入った飲み物を飲むのは控えましょう。

セディールに似た効果を持つトフィソパム

トフィソパム

トフィソパムは1986年に発売された自律神経調整薬になります。脳の活動を抑えるこことでリラックスさせる事ができます。

トフィソパムは不安を和らげる、筋肉の緊張をほぐす、眠くする、痙攣を抑えるといった効果に関しては全体的に弱いのですがその分、副作用や依存性が少なく安全性があり自律神経の症状を改善してくれます。

このことからトフィソパムが向いている方は以下の方になります。

・不安感の症状が軽度の方。
・副作用や依存が心配な方。
・ゆっくり治療していきたい方。
・高齢者の方。

自律神経のバランスが崩れるとのぼせや発汗、イライラに不安感などの症状が出てきます。トフィソパムを服用する事で自律神経のバランスも整え症状を改善してくれます。

通販でトフィソパムを購入する事で1錠あたりが47円で購入する事ができます。まとめて購入すると1錠あたり42円まで安くなります。

セディールの口コミ

少し副作用を感じた方もいれば、自分に合っていると感じた方もいるので、1度服用してみない事には自分に合っているかは分かりません。

普段病院で処方されている方でも、仕事が忙しくてセディールを貰いに行けなかった時の為に、予備として購入している方も多いようです。確かに手元にあると安心しますよね。

【良い口コミ】

・今まで不眠に悩んでいましたが、体質的にもあっているのかセディールを使用するととても気持ちが落ち着きリラックスできます。ベットに入ると意識しなくても自然と力が抜けていってに眠気がやってきました。気づくと朝になっている。しっかり睡眠もとれるようになり生活のクオリティーもあがりました。依存性が低いので安心して使用しています。(30代 女性)

【悪い口コミ】

・私はパニック障害に似ている症状が現れたので、セディールを服用してみました。服用すると精神も安定し、私に合っている!と思いましたが、暫くすると、気分が重たい感じになったので、寝てしまいました。目が覚めてもまだ効果が残っているように感じたので服用をやめました。そこまで強い副作用ではありませんでしたが私には合わなかったようです。個人個人によって効果のでかたは違うからしょうがないですよね。(20代 女性)

セディールのメリットとデメリット

メリットとデメリット

【メリット】

・セディールは安全性が高い
・セディールは依存性がない
・セディールは副作用が少ない
・セディールは抗うつ効果に期待できる

セディールは「初めて薬を使用する方」「うつの症状が軽度の方」「時間を掛けて安全に治療したい方」「副作用や依存をさけたい方」に向いている抗不安薬になります。今まで他の抗うつ剤などで効果が感じられなかった方や、副作用で服用する事ができなかった方におすすめです。

セディールの最大の特徴は、安全性が高く、抗うつ効果を持ち合わせた抗不安薬になります。

【デメリット】

・セディールは即行性が乏しい
・セディールの効果にもの足りなさを感じる

セディールは即効性が緩やかなので、物足りなさを感じる方がいますが、薬への耐性、依存性、眠気やふらつきの副作用が軽減しているので安全性は高い薬です。

効果が出るまで2週間ほど掛かるので効果を強くしようと服用の量を増やす方もいますが、副作用が出やすくなってしまうだけなのでやめましょう。

セディールについて Q&A

セディールに関してよくある質問と答えをまとめてみました。

Q:セディールを服用していますがいまいち効いている気がしません。

A:セディールは劇的に効かない事も実はメリットでもあります。

やはり服用するならばすぐに効果のある薬を探しがちになります。しかし即効性のある薬は効果も短時間で切れてしまう事も多く服用する回数も増え増量していくと悪循環に陥ります。

セディールは薬を飲んだら良くなったという目に見えた回復ではなく、服用を続ける事で最近調子が悪くないかもと、気がつくといつのまにか回復しているのがセディールの最大の魅力になります。

また本人が気がつかないうちに回復している事が多く周りから指摘されはじめて気づくという体験が多いようです。このような事からもセディールを減薬する時も依存症や離脱症状で苦しむことがないのも特徴になります。

Q:セディールは頓服薬になりますか?

A:セディールは即行性があるわけではないので頓服薬としては向いていません。

頓服薬は発作や症状が出た時などに服用する為の薬です。セディールは服用回数が決まっている薬です。決まった時間に服用するわけではない頓服薬とは目的が異なります。

ちなみに強い薬を頓服薬として服用していると体に耐性ができてしまいいずれは薬が効かなくなってしまいます。例えば頓服薬としてデパスを使用していた方が依存してしまい減薬時に離脱症状に悩まされている方も増えています。

いつの間にか治ってる!を実感出来るセディール

まとめ

デパスのように即効性のある薬はうつ病や精神的疾患のある患者さんには好まれる傾向があります。効果がわかりやすいからです。

ですが厚生労働省から依存症になりやすい薬としての規制がかかり、処方してもらいにくい薬となってしまったいま、切り替えを検討するのならセディールがおすすめです。

デパスに比べるとセディールの効果は穏やかにはなりますが、セディールはその高い安全性から高齢者に処方されることも少なくありません。副作用などの別の形で苦しむ必要がありませんし、飲み続ける事で自然と症状が軽減されている。と気付く事が出来る薬です。

時間はかかります。ですがその分、身体への負担が極めて少ないやさしい薬がセディールといえます。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識