改良された睡眠導入剤ソナタジェネリック


非ベンゾジアゼピン系に含まれるソナタジェネリックをご紹介。
これはベンゾジアゼピン系の睡眠薬の改良型と考えても問題ありません。

なにが新しくなったのか

何が改良されたのかというと、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は催眠作用が強いものの、他にも筋弛緩作用も強く、転倒やふらつきなどが生じる事もあり、特に高齢の人は骨折などの原因になり問題となることもあります。

ソナタジェネリックはそういった事を改善するために筋弛緩作用を減らし、副作用を減らして安全に使用できる薬になっています。

安全性が高いことから、先発薬の処方機会は多いと言われています。

どんなタイプの不眠症にオススメか


また長期的な服用を行うと、依存耐性の問題がでてきますが、それもベンゾジアゼピン系に比べると少なく抑えられています。

睡眠障害といってもその症状はいくつかに分かれており、効果があるタイプは入眠障害という寝付きが悪い人にオススメです。
作用時間が短いことから、中途覚醒など途中で何度も目が覚めてしまう人や早朝覚醒などのタイプの人などには向いていません。

ソナタジェネリックの作用

人の睡眠と覚醒は、脳によってコントロールされています。

眠りにつく時間(夜)になると、脳の機能は抑制されるようになり自然に眠りへと導いてくれます。

このスイッチのような役割を果たしているのが、ベンゾジアゼピン受容体と呼ばれる部位になります。

ソナタジェネリックはこの受容体を刺激することで脳の機能を抑え、スムーズな入眠が行えるようになります。

耐性や依存の可能性が低いので、はじめての人でも服用しやすいはずです。

ソナタジェネリックの服用方法


服用方法に関しては、就寝前とされています。

半錠または1錠の服用となります。

また食事の影響を受けるとされるので、効きを良くするためには夕飯は脂分の少ない食事が望ましいと言われています。

ソナタジェネリックの副作用


副作用に関してですが、他の睡眠薬と同じように眠気や立ちくらみ、めまいなどが現れることがあります。

仮眠程度の場合に服用や、服用してからの車の運転などは思わぬ事故の原因となるので注意して下さい。

また非常に稀なケースですが、深刻なアレルギー反応を起こす場合があるので注意して下さい。

ソナタジェネリックは個人輸入代行などで購入することができ、1錠も非常に低価格です。
寝付きが悪くて日常生活に支障が出ているようであれば、服用をオススメします。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識