デパスとは

デパス

抗不安薬として有効で1番有名な薬がこの「デパス」といわれていて、不安や緊張、抑うつといううつ病にみられる精神疾患を改善する医薬品です。デパスは、身体をリラックスさせてくれ、不安などを和らげてくれる効果があります。その他にも腰痛や肩こり、不眠症、統合失調症、心身症さらには更年期障害の症状にも処方される事がある、大変優れた万能薬です。

デパスの効果

デパスには、主に不安や緊張を和らげたり、原因不明のイライラを鎮めたりという作用があるとされています。 精神的な不安を和らげることにより、社会不安障害やうつ病に効果があり、身体的な筋弛緩作用により肩こりや腰痛にも効果があります。

また、緊張を和らげる作用から睡眠導入剤としても利用されており、まさに万能薬の名にふさわしい医薬品です。

女性

デパスの4つの作用

・ 抗不安作用(不安や緊張を和らげる)
・ 筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)
・ 催眠作用(眠りやすくする)
・ 抗けいれん作用(けいれんを抑える)


実はデパス自体には睡眠薬の成分は含まれてはいません。不安を和らげる作用によって脳の緊張が解ける。その事で眠気が起こり、睡眠導入剤としての効果がある。とされています。

また、筋弛緩作用においては激しい緊張から来る身体のこわばりで肩や首筋などの筋肉に力が入ってしまってのこりや、前かがみの姿勢などで起こる筋肉の痛みにも作用してくれます。 ただし、筋弛緩作用が効きすぎてしまうと身体に力が入らなくなってふらついてしまう事もあるので、デパスを服用したら車の運転や危険な作業などは絶対にしないようにして下さい。

デパスが効くまでの時間

デパスは飲んで20分~30分くらいで効果が出はじめ、3時間後にピークに達します。そのあとは徐々に効果が和らいでいきます。

最初の1時間で血中濃度が増すため、即効性のある抗不安薬といえます。

効果の持続時間

効果の持続時間は薬の効きやすい人と効きにくい人でも個人によっても違いますが、大体4~6時間とされています。

すぐに効いて、効果が終わるのも早いので安全性の高い薬である一方で、効き目が強い事から副作用が大きくなってしまう事もあるので注意が必要です。
なにか気になる事がある時にはすぐに病院にいって診てもらうようにしましょう。

デパスが向いている人とは?

男性

うつ病、神経症、心身症、パニック障害、と診断された人をはじめ、肩こり、腰痛、頭痛を緩和したい人。

他の抗不安薬では効果が得られなかったという人や不安がとても強く初めから抑えてしまった方がいいと診断された人も他の抗不安薬でなくこのデパスが向いているといえます。

その他に緊張による身体のこわばりが大変強く、声や身体がふるえてしまう人。不安を感じている事が理由で不眠症を伴っている人に有効です。

デパスの飲み方

デパスには様々な形状があります。錠剤と粒状、さらには坐薬まであります。
錠剤や粒状の場合はグラス1杯以上の水、またはぬるま湯で服用するようにして下さい。

神経症、うつ病:1日3mgを3回に分けて服用。
心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛:1日1.5mgを3回に分けて服用。
睡眠障害:1日1~3mgを就寝前に1回服用。

うつ病の治療として飲む場合には1日3回が基本ですが、精神的に不安定だったり、気持ちが不安や緊張でおしつぶされそうになってしまって服用の必要性がある場合には3回以内であれば自分のタイミングで飲んでも大丈夫です。
ただし、3回以上の服用は絶対にさけて下さい。
用法用量を守る事が大前提です。飲みすぎてしまうとデパスの副作用で1番怖くて厄介な依存症が発症してしまいます。絶対にやめましょう!

デパスの飲み忘れ

デパスを飲み忘れてしまった時は、効き目が早いので飲み忘れてからといって1度に倍の量を服用してしまうと効き過ぎて副作用の眠気が強くなってしまうので注意が必要です。

デパスは効果時間も短いので飲み忘れてしまった時はその分飲まなくても問題はありません

しかしもし、デパスを服用し忘れてしまったことで症状が強く出てしまっている時は時間に関係なく、すぐに服用して改善しましょう。

デパスの副作用

1番多いのは過敏症状と呼ばれるもので、湿疹、じんましん、発熱といったアレルギー症状が出る場合があります。

睡眠作用を含まないデパスを飲んで脳の緊張が和らぐ事で起こる眠気やだるさ、ふらつきもある意味、副作用といえるでしょう。
目のかすみや目がかゆくなる、乾く、まぶたがけいれんするといった目に関するものや、耳鳴り、口の中が渇く、舌がもつれての言語障害、手の震えなんかが起こる事もあります。

黄疸が出たり、胃腸にトラブルが起きたり、呼吸器系に疾患が出る場合は注意が必要です。

何度も言いますがデパスは効果の強い薬です。用量をしっかりと守って飲み、なるべく副作用を出さないようにする事が大切です。

デパスが規制されたワケ

!

そんな便利なデパスですが、向精神病薬に指定されることが厚生労働省から発表されました。
つまり普通薬として今までのように様々な症状に対して簡単に処方する事が出来なくなってしまったわけです。

厚生労働省の理由としては「向精神薬と同じように乱用や有害性が認められるため」つまり「依存性」がある為です。

効き目が強く短時間の作用で色々な症状に効くデパス。その便利な裏側には重い副作用が潜んでいるというわけです。
頼りがちになるうえに長期的な服用になってしまいますよね?その為、実際に依存してしまう患者さんが多く、国内でも第3位に乱用症例のある薬となってしまっていた為に、国も規制をせざるを得なかったという事です。

依存してしまっていた人が急に服用をやめてしまうと次は「離脱症状」を招いてしまうという悪循環に陥ります。そういった事を防ぐべく本当に必要な人だけに処方するように。というわけですね。

デパスと同じ効果が期待できる薬

規制されてしまったデパスに代わって同じような効果をもつ後発薬(ジェネリック)もたくさん開発されています。
効果は同じなのに副作用を抑えるように開発されている事から、デパスのように依存性の心配をする事なく安心して服用する事が出来るようになっています。
そのなかでも特にデパスの代用薬としておすすめの抗不安薬をいくつかご紹介します。

バスピン

バスピン

抗不安薬のひとつで全般性不安障害を和らげる事が出来ます。有効成分のブスピロンの作用により脳内をリラックスした状態にする事が出来るので、不安や心配などを軽減させてくれます。
バスピンは1錠で不安障害、うつ病、不眠障害の3つの改善に期待が持てるうえに、従来のものよりも副作用が少なくなってるので安心して服用する事が可能です。

【全般性不安障害】
様々な出来事に過剰に不安や心配をしてしまったり、その感情を抑える事が出来ない、また理由のない不安がずっと続く、不安な気持ちをコントロールする事が出来ない。といった精神的疾患

バスパージェネリック

バスパージェネリック

セロトニン作動性抗不安剤と言われる抗不安剤の1つです。
セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており人の精神面に影響を与える神経伝達細胞のひとつで、不足する事によって心の病気や精神的な疾患につながるとも言われています。
それ以外にも身体がだるかったり、眠れなかったりもします。セロトニンを高い濃度で維持することが出来るこのバスパージェネリックは副作用も少なく、心の安定を保つ効果があります。、

リスパダールジェネリック

リスパダールジェネリック

こちらもデパスの代用薬としては人気の抗不安薬で、有効成分のリスペリドンは感情をコントロールする為の神経伝達物質の不調を改善させる事ができ、興奮や無感情といったまったく正反対の症状においても両方に効果があるとされています。
この作用によって小児期自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群、自閉症)における自傷行為や悲鳴をあげる、周りの人やものへの攻撃などの易刺激を抑える事も可能です

デパスの依存症

頭を抱えた男性

依存症にならない為に、きちんと自分に合った強さの抗不安薬を使う事がもっとも重要です。 それ以外にも、なるべく効き目の弱い抗不安薬から飲み始める。飲む量、回数を少なくする。長期間飲み続けない。など自分で気を付ける事も大事です。長期間の服用が予想される場合には、抗うつ剤と併用して強い薬ばかりに頼らないように工夫してみましょう。なぜ依存してしまうのか。

①効き目も強く
②切れが良く(超短時間作用)
③色々な症状に効く薬

こういった特徴がある薬には、特に頼りがちになりやすいです。

しかも他の薬は処方にも制限がかかっており、一度の処方は30日までとされています。ですがデパスはなぜか90日までの処方が認められていたので、長期的に服用しがちです。こういった事から最短で約1ヶ月の服用で、依存するとも言われています。

簡単に処方されるだけにこういった危険性を知らないで頼っていた人も、中にはいるはずです。しかも依存しているのであれば、急な服用中止は離脱症状を招くので注意しましょう。その他にも、生活習慣を改善したり、不安に立ち向かう、自律訓練法や呼吸法を取り入れるなど、薬に頼らないでうつ病を克服する方法をみつけるという事も大切です。

離脱症状とは

離脱症状とは飲み続けていた薬を中断してしまったり、量を急激に減らした時に起こる症状の事を言います。

幻覚症状や妄想、落ち着きがなくなったりイライラしたりなど精神的な症状、頭痛、吐き気、けいれん、動機、発作など肉体的な症状があわられる事もあります。
薬の血中濃度が急激に変化すると身体が追い付かない為、こういった症状があらわれる事が原因とされています。

用量を守らず多めに飲んでしまったり、長期間飲んだりしなければ基本的には起こらないものですが、デパスのように効果の強い薬だと起こりやすい事も考えられるため、十分に気をつける必要があるといえます。
依存性が認められたとしてもこの離脱症状が起こってしまうので、急に飲むのをやめる事が出来ません。
その場合は医師と相談しつつ徐々に飲む量を少なくしたり副作用が出ないようにしたりときちんと対応するようにしましょう。

その際、離脱症状を起こさないように取る方法がふたつあります。

ひとつは「漸減法」

毎日本当に少しずつ飲む量を減らしていくという方法で、2~4週間かけて経過をみながら減らして行き、完了期間までは4~8週間とされています。
減らして行くうえで、元々の症状が再びあらわれてしまった時にはまた元の量に戻し、1か月後くらいに再度減らしていくというやり方ですが、いつか必ず飲まなくて済む日が来るので、焦る事なく根気強く続けていくようにしましょう。

もうひとつが「隔日法」

薬を一切飲まない日を1日作る。次は2日。と1~2カ月かけて少しずつ飲まない日を増やしていって完了させるという方法です。
短時間ですぐに効くデパスみたいな薬だと飲まない日を急に作ってしまうと離脱症状が出やすいのでそれ以外の薬で依存性を発症してしまった場合はこちらの方法で治療される。という事が多いようです。

依存症にならないために

女の子

依存症にならない為に、きちんと自分に合った強さの抗不安薬を使う事がもっとも重要です。
それ以外にも、なるべく効き目の弱い抗不安薬から飲み始める。飲む量、回数を少なくする。長期間飲み続けない。など自分で気を付ける事も大事です。

長期間の服用が予想される場合には、抗うつ剤と併用して強い薬ばかりに頼らないように工夫してみましょう。

その他にも、生活習慣を改善したり、不安に立ち向かう、自律訓練法や呼吸法を取り入れるなど、薬に頼らないでうつ病を克服する方法をみつけるという事も大切です。

デパス服用上の注意点

デパスを飲むうえで注意しなければいけない事があります。
自分自身はもちろんの事、それだけでなく、周囲の人を巻き込んでしまったりする場合もあるので。服用する前にちゃんと理解し、しっかりと注意するようにしましょう。

デパスとアルコールは一緒に飲まない!

アルコール

デパスとアルコールを一緒に飲んでしまうととにかく大変な事になります。相乗作用がうまれてしまい、効果が強くなってしまう事で次のような問題が起こります。絶対にお酒と一緒に飲むのはやめましょう。

過剰に効きすぎる

デパスとアルコール、両方の効果が強まってしまう事から本来の効果以上に中枢神経が抑制され、過剰に脳が眠ってしまう状態になります。

その事から不眠症が余計に悪化してしまう恐れがあり、異常行動を取る。記憶があいまいになる。次の日の朝まったく起きられないなど、生活に支障をきたす事態になる事もあります。

その他にも、効果が強まってしまう事から泥酔した状態になりわけがわからなくなって少しの事で興奮し、いきなり暴力を振るったり、暴言を吐いたり徘徊したり、物を壊したりする人も少なくありません。

周りの人や家族に迷惑をかけておいて本人はまったく記憶が無いなんてケースもあるので注意しましょう。

効果の予測が不能

効果の予測がわからなくなってしまう事によって不眠症の治療といった面でものすごく悪影響だといえます。

せっかく治療の為に飲む薬もそれでは意味を成しません。

予測が不能になってしまう理由としてはデパスもアルコールも肝臓で処理されるものなので同時に体内に入った際には基本的にはアルコールが優先して処理される事になります。
デパスをはじめとした薬は、開発の時点で肝臓で処理されるまでの時間が考えられている為、そういった計算で医師も処方を出しています。

それがアルコールが先に処理されてしまう事によって計算と違う、延長が起こるなど、効果の予測ができなくなってしまう為、治療を邪魔してしまう事に繋がります。

依存症が起こる、耐性が出来る

同じような作用のあるこの2つを一緒に飲む事で、依存性と耐性。両方が形成されやすくなってしまいます。

依存してしまうと飲む事によって様々な悪影響があるにも関わらず飲む事をやめられないといった状態に陥ります。やめられないから飲み続けてしまう。その事から身体が慣れてしまって効果が感じられなくなる耐性が出来るという事へ繋がります。

不眠症の人は、今までの睡眠薬が効かなくなってしまってさらに眠れなくなったりと症状が悪化する可能性があります。
眠れなくなってしまうと心も身体も疲れてしまい、それが悪化してうつ病への悪循環のループにはまる事も考えられます。絶対にデパスとアルコールは一緒に飲まないようにしましょう!

もし、お酒を飲んでしまったら…

例えば体重60kgの男性の場合、ビール500mlのアルコールが体内からなくなるまでに大体3時間とされています。
女性は男性よりも時間がかかるといわれていますし、体格やなんかでの個人差はありますが、飲酒をしてからデパスを飲むなら最低でも3~4時間はあけて服用するようにしましょう。

時間をあける事が出来ないって時にはその日はデパスは絶対に飲まないようにしましょう。

飲む際に注意が必要な人

・急性狭隅角緑内障
・重症筋無力症

上記にあてはまる人のデパスの服用は禁止です。症状が悪化してしまいますので絶対に飲んではいけません!

・呼吸器系の病気がある
・脳系の病気がある
・心臓病
・肝臓病
・腎臓病
・高齢の人

上記にあてはまる人は副作用を強く引き起こしてしまう危険があるため、デパスを飲む旨をきちんと医師に伝え、しっかり相談してから服用するようにしましょう。

併用に注意するべき薬

くすり

基本的にデパスに併用禁忌薬はないとされていますが、一緒に飲んでしまうと危険な状態になってしまう恐れのある薬をいくつかご紹介しておくので常飲してる薬の中にあてはまる物がある場合は医師と相談するようにしましょう。

・フルボキサミンー副作用を強く引き起こす危険。
・リトナビルー呼吸困難が起きる危険。
・中枢神経抑制剤ー血圧低下や意識障害などを起こす危険。
・MAO阻害剤ー昏睡、けいれんなどを起こす危険。


万能薬と呼ばれるデパス、規制が入ったとはいえ内科や整形外科、耳鼻科など様々な症状の治療において処方される事があるため、うつ病の治療以外にも飲む機会が訪れるかもしれません。
すぐにしっかりと効いてくれるハイリターンな抗不安薬はその分副作用や依存性も強いハイリスクな部分もあります。安易に使うべきお薬ではない為、注意すべき点をしっかりと守り、正しく飲んでしっかり治療できるように自分自身で気を付ける事が大切です。

デパスのメリットとデメリット

メリットとデメリット

【メリット】

・即効性がある
・抗不安要素が強い為精神的なストレスが穏和される
・筋弛緩作用から肩こり、筋肉の緊張をほぐしてくれる

不安感や緊張感が強いと、失敗してしまう事が多くなります。つい苦手意識ができてしまって、ますます不安が強くなるという悪循環が続いてしまいます。しかしデパスにはこの悪循環をとめるのに確実な効果がもてるのです。

【デメリット】

・離脱症状が起こりやすい
・筋弛緩作用があるので、高齢者には少し危険
・寝つきは良くなるが、浅い睡眠が増えてしまう

効果の実感が強いので、「デパスがないと寝れないのでは?」と精神が不安定になってしまう人がいらっしゃいます。デパスを服用する場合は耐性ができないように、短時間の服用を心掛けるとよいですよ。

デパス=万能薬

万能薬と呼ばれるデパス、規制が入ったとはいえ内科や整形外科、耳鼻科など様々な症状の治療においても処方される事があるため、うつ病の治療以外にも飲む機会が訪れるかもしれません。

すぐに、そしてしっかりと効いてくれるハイリターンな抗不安薬はその分副作用や依存性も強いハイリスクな部分もあります。安易に使うべきお薬ではない為、注意すべき点をしっかりと守りましょう。

デパスに対するきちんとした知識があればそのリターンな部分だけをうまく引き出す事が出来るはずで、そうなると万能薬と言われるほどですから、うつ病の人にとってこんなに心強い薬もないはずです。正しく飲んでしっかり治療できるように自分自身で気を付ける事が自分自身を守る事にもなりますので、用法用量を守ってきちんと飲み、医師としっかり相談したうえで克服していけるようにしましょう。


うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識