うつ病とは

年齢、性別を問わず誰にでもおこる可能性があり身近な精神病と言われているのが、うつ病という精神疾患になります。

年々増加しているうつ病の患者さん


15人に1人の確率で生涯でうつ病になってしまう人がおり、国内に症状に悩んでいる人は100万人を超えると言われており、年々増加していることから、多くの人が精神の変調に苦しんでいます。

不安などを取除いてくれるデパス

初期の症状として理由のない強い不安感を感じてしまう人が多く、治療の第一歩はこの不安感を取り除くことから始まり、治療に用いられるのが抗不安剤であるデパスという薬になります。

デパスとは、チエノジアゼピン系に属する治療薬でありエチゾラムを成分としている薬になり、純国産の製品になります。

デパスの作用


作用機序が少し変わっており、ベンゾジアゼピン系の作用も持っているため抗不安剤として以外にも心身症など精神病に用いられることもあり、筋弛緩作用があるため痙攣性の病気や緊張性の頭痛や頸椎症、腰痛または肩こりなどにも用いられ、万能薬として有名な治療薬になります。

不安感を抑える作用はエチゾラムが脳の中にあるBZD受容体と呼ばれるところに作用し身体をリラックスさせる神経に働きかけ活性化させることにより強い不安感や緊張感をほぐすことができます。

薬がきいていると実感できるくらいの効き目があり、短時間作用型になるため作用時間は6時間ほどと短く体内に長く留まらないため身体への負担も少なく比較的安全性の高いものと考えられています。

デパスは依存症に注意

毎日の服用や長期服用によって効き目が薄れていってしまう特徴があるため、自然と服用量や回数が増えてしまい副作用の中にある依存症になってしまうことがあるため、症状が特に辛い時にのみ使用し補助薬程度に考え使用を行うようにして下さい。

ジェネリック医薬品の紹介


また抗不安薬にはとても多くのジェネリック医薬品があり、専門医が把握できないほどの種類があります。


自己判断で使用する際には、慎重な服用を心がけて下さい。

抗うつ薬の種類

うつの症状を抑える薬には抗うつ剤もあり、現在5種類に分類することができ、三環系四環系SSRISNRINaSSAに分類されています。

効果もあって副作用なども少なく安全面を考えて使用するのであればSSRIの抗うつ薬が良く、脳内のセロトニンにのみ作用するためそれ以外の部位に作用しないため安全性が高いと言われています。

うつ病を完治させるには薬以外にも休養も治療の1つとして考えられているため、無理せずゆっくり身体を休めてみて下さい。

メインメニュー

%%MENU5%%