トフィソパムとは

トフィソパムとは

トフィソパムは1986年に発売された「自律神経調整薬」であるグランダキシンのジェネリックになります。

自律神経のバランスが崩れる事で「眠気やふらつき、のぼせ、頭痛、発汗、動悸、不安感、イライラ」といった症状が体に起こります。このような症状が発症してしまうと日常生活の支障をきたすようになります。

このような不快な症状を改善してくれるのが、トフィソパムになります。トフィソパムはベンゾジアゼピン系薬と呼ばれる種類の薬になります。

自律神経とは

自律神経とは運動をした時に働くのが「交感神経」。体を休めている時に働くのが「副交感神経」になります

この2つを合わせたものが、自律神経になります。

【交感神経とは】

交感神経とは例えば運動をしていると沢山の空気を取り入れます。その際機関紙は赤く超し、多くの血液を送る為に心拍数が上昇します。そして大量の汗が出ます。これが交感神経の働きになります。

【副交感神経とは】

副交感神経とは、食事の際などの休息時に交感神経とは逆の反応が起こります。機関紙は収縮し心拍数も減少します。そのかわりに腸や胃の働きが活発になります。これが交感神経の働きになります。

上記の2つの神経のバランスが崩れる事で体の不調が起こります

トフィソパムの効果

トフィソパムの効果

トフィソパムの効果は「うつ病、不安障害、パニック障害」、心身症などの精神症状である「不安感、緊張感、睡眠障害、焦燥感」の症状に効果が期待できます。

トフィソパム特に自律神経失調症の治療薬(緊張など)としてよく病院で処方されています。

また更年期障害による「頭痛、めまい、肩こり、動機、関節痛」などの体の症状にも処方されます。

内科や婦人科でも処方されている薬になるので過激な摂取をしない限り安心して服用する事ができます。

トフィソパムは脳の活動を抑えることで落ち着かせてくれる薬になります。作用の強さは下記になります。

・睡眠作用「とてもよわい」
・抗不安作用「とてもよわい」
・筋弛緩作用「とてもよわい」
・抗けいれん作用「わずか」

になるので効果が非常に穏やかだといえます。

また自律神経失調症、頭部、頸部損傷、更年期障害、卵巣欠落症状からくる、頭痛、倦怠感、心悸亢進、発汗などの自律神経の症状に効果を発揮してくれます。

フィソパムが効くまでの時間と持続時間

トフィソパムを服用してから最大血中濃度に達するまでの時間は1時間となっています。

トフィソパムの持続時間は「短時間型」になるので1時間で血中濃度が最大になりますが、薬が半分に分解されるまでの時間(半減期)は50分程とされています。その為トフィソパムの効果時間も短めであり、約2時間から6時間になります。12時間経つと身体から消失されてしまいます。

更年期障害への効果

更年期障害は閉経などが原因でホルモンバランスが乱れる事で身体や、精神の不調が現れてきます。

人により症状の出かたは様々ですが、症状がひどい方だとうつ病になる方もいます。

また更年期障害の症状の中でホットフラッシュといい、急にのぼせやほてりを感じて大量に汗が分泌されます。

このような症状の時にはトフィソパムを服用する事で発汗を司る自律神経を安定させ、症状を抑え緩和してくれます。

トフィソパムの副作用

副作用

トフィソパムは作用が短く作用も穏やかなので、副作用も比較的少なく依存性はなく、非常に安全性の高い薬になります。

人によっては、「眠気、ふらつき、めまい、脱力感、倦怠感、口渇、注意力の低下」などの副作用が出ます。

トフィソパムの重大な副作用

重大な副作用の発症頻度は低いとされています。

一過性の前向性健忘、依存症(耐性形成で効きにくくなる)、刺激興奮、呼吸抑制。また依存性と関連する離脱症状として「不眠、不安、イライラ、けいれん、ふるえ、混乱」などの症状がでる事があります。

副作用の対処方法

【トフィソパム服用で眠気やめまいが起きた場合の対処】

依存性は低いとされますが人によっては眠気やめまいを起こす事があります。まったくないとは言えません。むやみに量を増やしたりすると、薬に頼りすぎてしまい、やめられなくなる可能性もあります。決められた量を服用するようにしましょう。

対処法としては服用しはじめてすぐであれば、様子を見てみるのも有効な方法です。理由としては薬を服用し続けていると「慣れる」事があります。1~2週間は様子をみましょう。様子をみているうちに改善する事もあります。

2週間経っても副作用が改善しない場合は服用する量を減らしましょう。量を減らす事で副作用も弱まります。

トフィソパムの主成分

トフィソパムの主成分はトフィソパムになります。トフィソパムはグランダキシンのジェネリックになるので、主成分が同じなのはグランダキシンになります。

トフィソパムは脳の視察床下部に作用し、「不安」「動悸」「のぼせ」「発汗」といった自律神経系のバランスを改善し、興奮を抑えてくれる作用があり不安を軽減し現れにくくなるよう働きかけてくれます。

トフィソパムの特徴

トフィソパムの特徴

人間だれしも、極度の不安や緊張状態になると自律神経が乱れやすくなります。

例えば舞台上での発表会などで、何もしていないのに大量の汗が出てきて心拍数が上がります。

特に自律神経に異常が見られなければ、緊張がとれれば元の状態に戻りますが、日常的に起きてしまうようになると自律神経失調症の疑いがあります。

精神安定薬を処方されると、自分はノイローゼではないといい服用しない人も居ます。

しかしベンゾジアゼピン系の薬の作用には精神安定化作用の他にも緊張感を和らげたり、自律神経を安定させたりする作用もあるのです。

特に自律神経失調症の治療薬としてよく処方されています。

トフィソパムの飲み方

通常、成人に関しては1回1錠になり3回の服用になるのですが特にトフィソパムは12時間経ってしまうと体から消失されてしまう為1日3回毎食後ぬるま湯で服用します。

トフィソパムの飲み忘れ

飲み忘れてしまった時は出来るだけ早く飲みましょう。ですがもし次に服用しなくてはいけない時は忘れた分は服用せずに1回飛ばしましょう。間違っても2回分を一度に飲む事はやめましょう

トフィソパムとアルコール

トフィソパムはアルコールと併用すると眠気やふらつきが強く出てしまう可能性がある為「併用注意」とされています。禁忌ではありませんが、やむおえずアルコールを飲まなくてはいけない時には、眠気やふらつきの増強に注意しましょう。

トフィソパムを飲む際に注意が必要な人

【妊娠・授乳中の服用】

妊婦さんについて製薬メーカーの説明によると、「治療上の有益性が危険性をうわまわると判断された場合のみ投与する事」とされています。

また妊娠後期についても同様に「治療上の有益性が危険性をうわまわると判断された場合のみ投与する事」とされています。

授乳中に関しては製薬メーカーの説明では「授乳を避ける事」とされています。

トフィソパムを通販で購入

通販

トフィソパムを通販で購入する事ができます。病院でも処方してもらう事は可能です。抗不安薬というよりは自律神経を整える為に使用される事が多く、内科や産婦人科でも処方されている事が多いので安心して服用できます

しかし病院に行き処方して貰うには、診察を受けなくてはいけません。もし症状が軽く見えてしまった場合は処方されない時もあります。なにより待ち時間がとても長いのが辛いですよね。

通販で購入する事で時間を有効に使えるようになるので、出先でも簡単に購入できてしまいます。また薬代以外は掛からないので安価で購入する事ができてしまいます。

トフィソパムは通販ですと100錠入り200錠入りと販売されています。1錠あたりの値段は42円~47円で購入できてしまいます。

通販のメリット

通販で購入する事で、メリットはあるのでしょうか?

メリットと言えば、わざわざ病院に行かなくても欲しいものが購入できます。また症状別に種類も充実しているので自分の求めている薬に巡りあえます。

なんといっても、病院では決められた量しか処方できませんが、通販ですとまとめ買いができ、まとめ買いをする事で1錠あたりの値段も更に安くなります。 せっかく購入するのであれば少しでも安く入手したいですよね。

そんな方は通販で購入する事をオススメします。その他にも下記のようなメリットがあります。

・海外で人気の医薬品を手軽に入手することができます。
・時間を気にせず納得が行くまで選ぶ事ができます。
・口コミがあるので他の薬と比較する事ができます。
・診察代がかからない
・待ち時間がない
・自分の症状を話さなくてもいい
・周りにばれないで購入できる

通販のデメリット

通販を利用するうえでもちろんデメリットもあります。理解した上で購入しましょう。

・海外から発送される為、自宅に届くまで2週間程かかる事があります
・実際に薬を手にとって確認する事ができません。
・通販ですと処方箋がないので副作用に関してはすべて自己責任になります。

購入する際の注意点

安価に購入できる通販ですが購入する際に注意しなくてはいけない事があります。

現代では欲しいものは通販で購入する事で、自宅にすぐ届くので、利用している方も増えています。しかし中には悪質な業者も存在し、商品が届かなかった、偽者が届いたなどと言う事もあります。

では悪質な業者にひっかからない為にはどうすればいいのか。

それは薬を購入する際はしっかりそのサイトの口コミなどを確認してみましょう。まずは安心できる通販サイトで見つけることが大事になります。見つけたら気になる薬を入手しましょう。

トフィソパムとデパスの違い

トフィソパムは自律神経調整薬として使用され自律神経系の緊張を改善してくれる効果があります。

デパスはベンゾジアゼピン系の抗不安薬としての作用があり、その他にも、催眠作用、筋弛緩作用があります。

2つとも神経系に作用するので緊張をほぐしてくれる効果があるのは共通の効果になります。また副作用に関しても、眠気、ふらつき、めまい、脱力感、嘔吐などを引き起こす可能性があるのも共通です。

似ているのなら同時に服用しても平気なのか?

そこは2つ同時に飲んでしまうと依存性が高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

2つを同時に服用する事は禁止はされていませんが危険性が高まるという事だけは頭に入れておきましょう。

トフィソパムの注意点

トフィソパムの服用に関しての注意点はトフィソパムは注意力低下、集中力の低下、反射運動能力の低下、眠気などがみられる事があるので服用中は、バイクや車といった乗り物の運転はしないようにしましょう。

トフィソパムはかなり効果が控えめであり、副作用も少ないですが、注意を無視して飲んでしまうと強い副作用が出てしまう事があるので、しっかり注意点を守り服用するようにしましょう。その他にも下記の病気をお持ちの方は注意が必要です。

・脳に物理的障害のあるかた
・重症筋無力症のあるかた
・中等度又は重篤な呼吸不全のあるかた
・急性狭隅角緑内障のあるかた
・高齢者のかた
・小児のかた

併用に注意するべき薬

【併用禁止】

・ジャックスタピッドは併用禁止になっています。理由はジャックスタピッドの血中濃度が高くなってしまう恐れがある為です。

【併用注意】

・中枢神経抑制剤、タクロリムス水和物を使用している方併用に関して注意が必要になります。理由は中枢神経抑制剤作用が増強する事がある為です。

トフィソパムに似た効果を持つセディール

トフィソパムは効果に関しては全体的に弱いのですが、副作用、依存性は少ないので安全性はある自律神経調整薬になります。

この効果を見るとセディールも同等かトフィソパムよりも若干弱い効果になるのでトフィソパムが体に合わなかった方はセディールを試してみるのもよいかと思います。

ちなみにトフィソパム50mgでしたら100錠入りで1錠あたりが47円。100mgでしたら50錠入りで1錠あたり85円になります。

セディールは42錠入りで1錠あたり139円になります。セディールは少し高めですが不安を起こしてしまう神経を狙い撃ちできるので人気の抗不安薬になります。

トフィソパムのまとめ

トフィソパムはデパスが合わなかった方やデパスの代わりに抗不安薬を探している方にとっては人気の抗不安薬になります。

ベンゾジアゼピン系の中でも穏やかな効果を持っている安全性の高いトフィソパムなので、「依存性が心配」「副作用が心配」「離脱症状が心配」な方向けといえる抗不安薬です。

精神的な症状に関しては自分自身も気づきにくいので放置してしまう事が多いのですが重症化してしまうと大変なので軽い症状でしたら早期に治療を始めることで治りも早いので自分の体に異変を感じた時はすぐに治療をはじめてあげましょう。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識