トレドミンとは

トレドミンとは

トレドミンはSNRIというカテゴリーに属する抗うつ剤になり2000年に日本で初めて発売されました。

気分が落ちやすい原因は、脳に働きかける神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリンの流れが悪くなってしまっているからだとされています。

そこでトレドミンを服用する事でセロトニン、ノルアドレナリンにだけ働きかけ、セロトニン、ノルアドレナリンの伝達量を増やします

「1日も早く鬱から抜け出したい」「うつ病の症状を改善したい」そのような方は即効性のあるトレドミンがピッタリなのではないでしょうか。

※リンク先はトレドミンのジェネリックです。

うつ病の診断

最近自分がうつ病なのかもしれない。悩んで居る方は数分だけ質問に答える事で現在のうつ状況を教えてくれます。自分はうつ病なのか?と感じた方は是非こちらのうつ病の診断をやってみましょう。

女性も男性も21個の質問に答えるだけで現在の自分のうつ病の状態がわかります。

無料で診断してくれるので是非1度試してみましょう。またアドバイスも貰えるので今後の参考にもなります。

トレドミンの主成分

トレドミンの主成分はミルナシプラン塩酸塩になり、セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬になります。

セロトニン、ノルアドレナリンの神経だけに反応するので服用する事でセロトニン、ノルアドレナリンの伝達量を増やす効果があり「うつ病・うつ状態」に効果的とされています。

またミルナシプラン塩酸塩には慢性疼痛(ビリビリ、チクチク、ジンジン)にも効果があるとされています。

トレドミンの特徴

トレドミンの特徴はセロトニン、ノルアドレナリン系の神経にだけ選択的に働くのが特徴になり、この特性により抗うつ剤に多い口の渇きなどの副作用が軽減されます。

また効果や副作用もマイルドな優しい抗うつ剤になります。1番大きい特徴はほとんどの薬はCYP(薬を分解する肝臓の酵素)の影響で他の薬との飲み合わせが悪い時があります。

しかしトレドミンはCYPに影響が少ないので他の薬との飲み合わせを気にしなくてよくなります。

トレドミンの効果

トレドミンは「効果も弱めだが副作用も軽め」な抗うつ剤になります。

トレドミンの特徴はうつ病の方の60%に現れるといわれる痛みを軽減する効果もあります。セロトニン、ノルアドレナリンの量が増える事で情報の伝達がスムーズになり「うつ病」「うつ状態」の症状を改善してくれるのがトレドミンの特徴になります。

ですので「落ち込みやすい」「悲観的になる」「やる気がでない」「集中できない」という方の気持ちが前向きになるように助けてくれます。

効果の持続時間

トレドミンの血中濃度は8.2時間で半減します。抗うつ剤は効果が出るまで一般的には2週間かかるとされています。

抗うつ剤は常に体の中に薬がある状態にする事が重要になります。服用してから4~5日で体の中の薬の濃度が安定します。

トレドミンは2~3時間で血中濃度が最高値になり、徐々に血中濃度が低下します。

他の抗うつ剤と比べるとトレドミンは薬が体から抜けるのが早い事もありその為1日2~3回の服用が必要とされています。早い方だと1週間で効果を実感できます。

トレドミンの副作用

トレドミンの副作用はとても少なく、他の薬との飲み合わせも問題がないとされ安全性が高い薬に抗うつ剤になります。

トレドミンを服用した事で報告のある副作用は「吐き気」「下痢」「性機能障害」になります。

またトレドミンにはノルアドレナリンの量を増やす効果がありますが、交感神経系へ量を増やす事で自律神経のバランスが崩れ「口の渇き」「尿が出づらい」「発汗しやすくなる」などの副作用も出る事があります。

副作用を軽減させたい方は下記を参考にしてみて下さい。基本は「減薬」「他の薬に変更」になります。

副作用の対処方法

副作用と対処法について紹介します。

下痢・吐き気

下痢や、吐き気の原因はセロトニンが胃腸に作用するのが原因とされています。

【対処法】

飲み始めの事は副作用を強く感じる方もいますが次第に体に慣れていく事でほとんどの方が1~2週間で軽くなっています。どうしても辛い時は胃薬を併用しましょう。

性機能障害

性機能障害に関しては抗うつ剤全般でよく見られます。原因はセロトニンには気分を落ち着かせる薬になるので性欲も必然的に落ちてしまいます。

【対処法】

性機能障害の対処法は「薬の量を減らす」「薬を変更する」になります。

不眠

不眠の原因はセロトニンと、ノルアドレナリン原因とされています。セロトニンを刺激する事で深い睡眠が妨げられます。ノルアドレナリンは交感神経に働きかける物質になるので覚醒作用があります。

【対処法】

不眠への対処法は「服薬を朝食後に変更」「薬の量を減らす」「薬を変更する」になります。

※リンク先はトレドミンのジェネリックです。

トレドミンの飲み方

トレドミンの飲み方は通常ですと1日25mgを初期用量にし、1日100mgまで増やす事が可能です。1日2〜3回に分けて食後に服用しましょう。また年齢、症状により適量がかわってきます。

高齢者の方ですと、1日25mgを初期用量とし、1日60mgまで増やす事が可能です。1日2〜3回に分けて食後に服用します。

副作用が出にくくするには1番はじめは少量より開始する事をオススメします。

トレドミンを飲む際に注意が必要な人

下記の方は服用する際に注意しましょう。

・腎臓や腎臓の悪い方、高齢の方は慎重に増量するようにしましょう。
・空腹時にトレドミンを服用すると強い吐き気を催すことがあります。食後に服用するようにしましょう。
・前立腺疾患で尿が出にくい方は服用できない可能性がありますので医師に相談しましょう。
・躁うつ病、高血圧、心臓病、てんかんを持っている方は慎重に服用するようにしましょう。症状が悪化する可能性があります。

トレドミンを通販で購入

トレドミンを通販で購入

トレドミンは病院で処方してもらう事も可能ですが通販を利用する事で病院ならではの「待ち時間」「服用している薬が切れてしまったら何度も貰いに行かなくてはいけない」「近所の人や職場の人と遭遇する可能性が高い」「医師にすべて話さなくてはいけない」「面倒くさい」このような悩みをすべて解決してくれます。

更に少しでも安く購入したいのであればまとめて購入する事で1錠あたりが25円になります。

24時間好きな時に注文ができるので手が空いた時間に購入できてしまいます。

通販サイトは海外から輸入代行という形で手に入れる方法なのですがすべて日本語で対応しているので私達は普段ネットショッピングをしているようになんの心配も無く購入する事ができます。

※リンク先はトレドミンのジェネリックです。

通販のメリット・デメリット

トレドミンを通販で購入する際、メリット・デメリットがいくつかあるので紹介します。

【メリット】

・病院に行かなくても病院と同じ効果を発揮する薬が種類豊富で販売されています。
・周りの目を気にする事なく欲しい薬を購入できます。
・実際に購入した人の口コミなどを参考にする事ができます。
・好きな時間に購入する事ができるので、ゆっくり選ぶ事ができます。
診察代、通院なしで誰にもばれずに安く購入できます。

【デメリット】

・病院のような処方箋はないのですべて自己責任になります。
・手にとって薬を確認する事ができません。
・海外から発送されるので自宅に届くまでに2週間ほどかかる事があります。

人に合わず購入できる

うつ病を患っている方の中でうつ病を治したいけど人と関わってまで治したくないという方も居ます。

家族が代理で病院に行き症状を伝えても薬は処方してもらえません。

自分の足で病院に行き自分の思っている気持ち感じている気持ち、不安な事を話さなくてはいけません

他人に話したくないし、ましてや病院にいって知り合いに見られたら気まずい。

そんな方は通販で購入するのが向いているのではないでしょうか。自宅にいながら誰とも会う事無く、理由も聞かれずに自分の欲しい薬を購入する事ができるのです。

「誰にもばれずにこっそりと」という考えの方は是非1度利用してみましょう。

購入する際も注意点

トレドミンを通販サイトで購入すると病院より安く購入する事ができます。

診察代もかからないですし、もし病院で保険が効かず処方時高い薬があっても通販ですと安く手に入る事があります

しかしここで注意しなくてはいけないのは「あまりにも安すぎる」この場合は少し注意が必要かもしれません。

もし心配な時はそのサイトの口コミや他のページなども見てみて信用がありそうなサイトか1度チェックしてみるのもよいかと思います。

トレドミンと似た効果を持つ薬

同じSNRIにサインバルタというお薬があり、こちらも痛みに有効なので線維筋痛症(全身の痛みの疾患)に処方されています。

トレドミンもサインバルタもどちらとも同じSNRIになります。しかしこの2つに関しては特徴がまったく異なっています。トレドミンは「副作用も効果も弱い」サインバルタは「副作用は普通で効果は強め」になります。

服用してみて効果が強すぎると感じた場合はトレドミンにし、効果が物足りない方はサインバルタにするのも良いかもしれませんね。

2種類とも通販で購入する事ができトレドミンは1錠あたり25円。サインバルタは1錠あたり144円になります。

トレドミンの注意点

トレドミンを服用する際の注意点は下記になります。

・車の運転、機械の操作に関しては副作用で眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため注意しましょう。
・アルコールに関しては薬の作用が過度に現れる可能性があるため注意しましょう。

併用に注意するべき薬

・トレドミン錠の成分にアレルギーがある方。
・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の人

トレドミンのまとめ

トレドミンを服用する場合まずは1~2ヶ月様子を見てみましょう。もし効果を実感できているのならそのまま続けて服用していきましょう。

しかし少しでも不十分だと感じた場合は、増量、もしくは違う抗うつ剤に変更してみましょう。

短くても6~12ヶ月の服用が必要とされています。自分の体に合った抗うつ剤で症状を改善していきましょう。

6~12ヶ月服用し再発の心配もなさそうであれば減薬していき完治になります。値段も安く、副作用も少なめなトレドミンでうつ病やうつ状態を乗り越えましょう。

※リンク先はトレドミンのジェネリックです。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識