バスパーとは

バスパーとは

うつ病に悩んでいる方で自分に合った薬を探し求め、色々なうつ病の薬を試している方も多いかと思います。

バスパーは抗不安薬であり、うつ病、不安障害、睡眠障害の方の悩みである「不安に緊張」「あがり症」「興奮状態」の症状を抑制してくれる効果があります。

バスパーは日本だけではなく世界的に処方されているほど有名であり効果も認められています。

人気の秘密は効果が高いが依存性は少ないので安全性が高いといわれ、薬全般(精神系以外)の中で40位にランクインしています。

こんなに世界中で人気なら日本でも処方されているかと思いきや日本では残念な事にまだ承認されていないので病院で処方してもらう事も出来ないのです。

もしバスパーを服用していのであれば通販サイトを通じて入手するしか方法はありません。

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

バスパーの効果

バスパーの効果

バスパーはドーパミンやアドレナリンといった脳内で気分の高揚を司る神経伝達物質を増量させ緊張や不安を和らげるので、うつ病、不安障害、あがり症の「不安な時」「気分が落ちている時」「やる気がでない時」「緊張や動悸が酷い時」などに効果を発揮します。

また主成分であるブスピロンは「ゆっくりと時間をかけながら治療していく薬」なので安全性がとても高く、依存性に関しても心配がないので安心して服用する事が出来ます。

その他にも不眠症や睡眠障害にも効果があります。

バスパーの効果の持続時間

バスパーの効果の持続時間はおよそ12時間~24時間になります。これには個人差もありますので体質によっては短かったり、長くなったりします。

バスパーが効くまでの時間

バスパーはゆるやかに効きはじめ効果が現れるまでは服用をはじめてから1週間~2週間とされています。

不安障害やうつ病で悩まれる方は早めに治療に取り組む事が大切になります。

うつ病への効果

バスパーはセロトニン神経系の神経活動を刺激するのです不安障害やうつ病に効果を発揮します。

セロトニンの濃度を上げる事で不安や心配、憂鬱な気分を軽減してくれます。

バスパーを服用する事で気持ちを明るくしやる気を促してくれます。

副作用も少ないのでうつ状態の方や初期のうつ病の方に有効な抗不安薬になります。

不安障害への効果

不眠症になっている原因が不安やうつ病の場合、睡眠薬では効果を感じられない場合があります。

眠る前に不安になりやすい人は、まず不安を抑える事が1番大事になります。

しかし不安やストレスを取り除くのは正直大変だと思います。そんな時はバスパーに頼り不安を抑える事でしっかり睡眠がとれるようになります。

不安やストレスは我慢をしすぎると悪化してしまう可能性がとても高くなります。真面目な方ほど我慢してしまう方が多く我慢した結果症状が悪化してしまったという方も増えています。

何事にも無理はしすぎず、たまには薬に頼ってみるのもよいのではないでしょうか。

あがり症への効果

日本人は人目を気にしやすい方が多いので緊張しやすい方が多く、過度の緊張も多くの方が経験しているのではないかと思います。

あがり症とは緊張のしすぎから来る苦しみや恐怖を感じ「赤面」「多汗」「震え」などが症状として現れます。

この症状が出てしまっては本来の実力が発揮できなくなってしまいます。

あがり症は練習や特訓、カウンセリングなどで改善する事ができますが、時間はかかってしまいますし、すべての方が改善するとも言いがたいのが事実です。

緊急であがり症を改善したい場合はバスパーの服用がオススメです。服用する事で人前に出ても緊張する事なく落ち着いて話せるようになります。

落ち着いた状態になれば本来の実力が発揮できるではないでしょうか。

不眠症や睡眠障害への効果

不眠症や睡眠障害への効果は不安や緊張、憂鬱な気分を抑制しリラックスさせる効果があるので不安などがあり眠れない方も就寝前にバスパーを服用する事で不安を緩和させる事が出来ます。

リラックスする事で穏やかに自然な眠りにつけるようになります。

バスパーの効果が実感できない

例えば精神的な原因で不眠症になっているのであれば効果は期待できますが、c不規則なお仕事で睡眠環境が整わず不眠症になっている方には効果がない場合があります。

睡眠環境が整わず不眠症になってしまった方は体内時計を調整してくれるロゼルムがオススメです。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

バスパーの副作用

バスパーの副作用

バスパーの副作用ですが基本的にリスクはとても少ないのですが、全くないわけではありません

副作用にも個人差はあるので体質によっては強く出る方もいれば、弱い方も居ます。

服用後に調子がおかしいと感じたら掛かりつけの医師に相談しましょう。

バスパーの服用後すぐに起きやすい副作用は「吐き気」「下痢」「眠気」などが上げられています。

その他の副作用は下記になります。

・頭痛
・めまい
・立ちくらみ
・眠気
・胃のむかつき
・便秘

などになります。副作用の中に眠気が入っているので、高い所での作業や車の運転はとても危険になります。仕事をしながら服用する方は頭に入れておきましょう

バスパーの主成分

バスパーの有効成分はブスピロンになるので「不安」「緊張」「動悸」を落ち着かせる効果があります。

リラックスする事により睡眠効果もえられるので、不眠症の方にも有効的な薬になります。

セロトニンはうつの症状に大きく関わっているといわれています。バスパーは脳内伝達物質であるセロトニンに作用するので、ドーパミンやアドレナリンを増強させる効果もあります。

ブスピロンとはセロトニン5-HT1A受容体部分作動薬であり、ベンゾジアゼピン系の短所的な部分である、セロトニン受容体の一種である5-HT1A受容体にだけ働きかけます。

バスパーの特徴

バスパーは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬になり、非ベンゾジアゼピン系の薬は「効果がちゃんとあるが重い副作用になりにくい」という特徴を持っています。

また有効成分はブスピロンになるのでバスパーの特徴は「抗不安効果もあり、依存性もなりにくく、ゆっくりと効いていき時間をかけて治療できる薬」「ベンゾジアゼピン系の特徴である鎮静作用やふらつきが起きにくい」そして副作用も少なく転倒やふらつきといった副作用が起きにくいのも特徴になります。

バスパーの飲み方(服用方法)

バスパーの飲み方

バスパーの服用方法は症状により変わってきますので注意しましょう。

【不安が強い方のバスパーの服用量】

不安が強く服用を考えている方は5mgを1回に2~3錠服用しましょう。朝や夕方に1日2回の服用になり、最大用量は60mgまでになります。それ以上の服用はやめましょう。

また飲みはじめから最大用量を服用してしまうと、体がまだ慣れていないので副作用が出やすくなってしまいます。

バスパーの服用量を増やしたい時は期間を置いて5mgずつ増やしていきましょう。

【不眠に悩む方の服用量】

不眠に悩む方の服用量は眠る前に5mgを1~3錠服用します。

効果時間が6~7時間になるので翌日眠気が残る事はありません。

バスパーを服用する際は水かぬるま湯で服用するようにしましょう。熱いお湯で服用してしまうとバスパーの効果を半減させてしまう可能性があります。

またアルコールとの服用に関してはバスパーがアルコールに反応し効きめが強く出てしまう場合があります。バスパーを服用中はアルコールを控えましょう。

バスパーを飲む際に注意が必要な人

バスパーを飲む際に注意が必要な人はこちらになります。

・授乳中の方
・妊娠中の方
・腎機能障害の方
・肝機能障害の方
・てんかんも持っている方

持病をお持ちの方は服用する前に医師に相談してみましょう。

バスパーを服用できない方

次に当てはまる方はバスパーの服用が禁止されています。

・腎臓に疾患がある方
・パーキンソン病の方
・バスパーの成分ブスピロンにアレルギーを持っている方。

バスパーを通販で購入

通販で購入

最初に記載したようにバスパーは世界的に人気があるものの日本ではまだ許可がおりていないので病院に行っても処方してもらう事はできません

もし服用したい場合は通販サイトを利用し購入するしか方法はありません

海外の薬を購入するとなると少し大変なイメージがありますが、購入の仕方は、楽天やamazonでネットショッピングをするのと同じ感覚で購入する事ができます。

商品が日本から発送されないので到着までは時間がかかる事があるのでその点だけは頭に入れておきましょう。

バスパーは50錠から販売されており1錠あたり57円で購入できます。更に100錠入りにすると1錠あたりが51円と更に安くなるのでまとめ買いをするととてもお得になります。

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

通販のメリット・デメリット

通販のメリットとはどのような事があるのでしょうか。薬局でも似た薬は置いていたりしますが、どのような効果が実感できたなどは記載されていなので、いまいちその薬に対して情報がないまま購入する形になりますよね。

店員さんに1つ1つ説明を受けるのもなんだか申し訳ない気持ちもあります。1番いいのは口コミみたいなものが薬局などにも書かれていたら悩まずにすみますよね。

せっかく購入するのであれば後悔はしたくないですよね。では通販を利用する事でどのようなメリットがあるのか。

・日本で処方されている薬のジェネリックの種類が豊富に揃っています。
・日本で処方されている薬でも通販を利用する事で安価で購入する事ができます。
・実際に購入した人の口コミを見ながら選ぶ事が出来ます。
・まとめて購入する事で1錠あたりが安くなります。
・24時間好きな時間に購入できるので色々な商品を比較でき納得のいくまで選ぶ事が出来ます。
ではデメリットはなにがあるのでしょうか。デメリットに関してはしっかり理解したうえで購入するようにしましょう。
海外から発送されるため薬が届くまで2週間近くかかる事があります
・実際に手に取り薬を確認することができません。
・人気のある薬に関しては売り切れてしまうと購入する事ができませんので注意しましょう。
・処方箋はないので副作用などに関しては自己責任になってしまいます。

人に合わず購入できる

バスパーの場合は病院では処方されないので関係ないかも知れませんが、病院に行くと近所の人や知り合いに合う事がありますよね。「どうしたの?体調悪いの?」と聞かれるとなんとも言えなくて気まずい事もありますよね。

可能であれば誰にもばれずに薬を購入したいのが本心だと思います。でもそうするとばれずに購入するには通販しかありません。

注文したら自宅に荷物が届きどこにも薬の名前は記載されません。ですので家族とお住まいの方もばれずに購入する事ができてしまいます。

購入する際の注意点

通販サイトで購入する際に注意点があります。

現在海外も医薬品を購入できるサイトも沢山増えてきました。中には安すぎる所、日本語がたどたどしいなどといったサイトもあります。

「商品が届かなかった」など悲しい思いをしないように、通販サイトに関しては慎重に選びましょう。薬も届き効果も実感できたら、そのサイトをずっと利用していけば安心できるのではないでしょうか。

信用のあるサイトは口コミや商品説明に関してもしっかりしています

バスパーはデパスのかわりの薬になります

デパスはうつ病や不安、不眠などによく効くと人気のお薬です。しかしデパスは厚生労働省から向精神薬に指定されたため、現在は個人輸入が禁止になりました。

今まで通販サイトを利用し購入していた方は、引き続きデパスを服用したいのであれば病院に行き処方してもらうかデパスに似た効果をもつ薬を探すかのどちらかの選択になりました。

実は通販サイトにはデパスに似た効果を持つ薬が多数存在しています。そこでオススメしたいのが世界の医者も認めているバスパーになります。

バスパーとデパスの違い

バスパーとデパスの違いはデパスと比べると効果や即効性に関してはデパスの方が強くなりバスパーの効果はとても緩やかであり、更に副作用も少なく安全性が高く経済的にも利点があります

共通点は2種類とも抗不安薬になるので同じ症状に効果を発揮します。

その他にも似た効果を持っているのはレクサプロ、セディール、ソナタジェネリックなどもありますので自分の症状にあった治療薬を選びましょう。

バスパーの注意点

注意

バスパーの副作用には「眠気」が起こる可能性があるので、服用後は高い所での作業、車の運転は事故の原因に繋がるので禁じられています

また妊娠中・妊娠の可能性がある方は服用は禁止されています。

肝臓や腎臓に病気を抱えている方、パーキンソン病にかかっている方も健康上に対し悪影響が懸念される為服用は控えましょう。

併用に注意するべき薬

バスパーとの併用禁忌薬は、「安定剤」「抗うつ剤」「睡眠薬」との併用はとても危険になります。服用するのはやめましょう。

バスパーのまとめ

バスパーは「うつ病」「不安や緊張」「あがり症」といつ誰がなってもおかしくない身近な症状を和らげる抗不安薬になり、そのうえ睡眠障害の改善効果もあります。

現代はストレス社会です。ストレスだらけでいつ対象を崩してもおかしくありません。精神状態も不安定になりがちです。

このままだと疲れきってしまい症状も悪化してしまいますよね。

本当に辛くなった時は病院に行き処方してもらうのもよいかと思います。もし「病院に行くのはちょっと抵抗がある」という方は通販サイトで病院で処方されているバスパーとまったく同じである薬を購入し、少しでも症状を和らげていきたいですね。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識