レクサプロとは

レクサプロ

レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)は、2011年に発売が開始された抗うつ剤です。SSRIというタイプの抗うつ剤に分類され、現時点では一番新しいSSRIになります。

SSRIとは、「選択的なセロトニン再取込阻害薬」の略で、セロトニン増加を促す働きがあります。レクサプロは、きちんとした効果もあり、副作用も少ないといった、効果と安全性のバランスの良さにも定評があり、今、世界的にも、もっとも売れているSSRIになります。

日本でも2011年の発売以降、徐々に知られるようになり購入者も増えています。また医療現場でもうつ病、対人恐怖症、パニック障害の治療に使用されるようになったので、安心ですし、安全ですね。

※リンク先はレクサプロのジェネリックです。

レクサプロの効果

ガッツポーズの女性

レクサプロの効果はうつ病の症状を和らげてくれます。体の中にはバランスを整えてくれるセロトニンがあります。セロトニンが体内で不足してしまう事で、うつ病の症状を引き起こしやすくなってしまうのです。

そこでレクサプロを服用する事で、体内のセロトニン濃度が高くなり、うつの症状を和らげてくれます。特に効き目があるのは、「うつ状態」「社会不安障害」の症状を改善するのに効果的です。

他にも「ストレス障害」「パニック障害」の症状を和らげ、改善するのに使われています。副作用などのおそれもないので、始めて服用する方でも10mgから始められます。特に強迫性障害では、最高用量の20mgの服用も可能です。

レクサプロが効くまでの時間

レクサプロを服用してすぐに、うつの症状がよくなる事も稀にあります。基本的には最低2週間は服用を続ける必要があります。

効果が出始めるまでは1~2週間とされ、個人差はあるものの、しっかり効果を感じられるまでは1~2ヶ月かかります。もし時間が許すのであれば1~2ヶ月は様子を見ていただきたいです。

効果の持続時間

レクサプロの効果の持続時間は長めになっています。抗うつ剤は不安や不眠に関しては、効果がすぐ表れることもありますが、一般的には効果が出るまでは2週間程かかります。

抗うつ剤が安定して効果を発揮するには常に体の中に薬がある状態が必要です。毎日服用する事で体の中に薬が溜まっていきます。服用を始めて4~5日程で体内での薬の濃度が安定するのです。

ある研究では130時間効果が持続するといった結果が出ています。効果の持続時間が5日弱あるというのも嬉しいところですね。

レクサプロが向いてる人

・副作用や、薬の数が増えてしまうのが不安な方
・早い効果を期待したい方
・不安が強い方
・仕事や家庭をこなしながら治療を進めたい方

レクサプロの特徴は、効果と安全性のバランスがよく副作用が少ない事です。抗うつ薬は飲むと仕事にならなくなる程の眠気が強いイメージがありますが、レクサプロは他の薬と比べると眠気は少ないので、仕事や家庭をこなしながら治療していきたい方にとても向いています。また女性にも向いていると言われています。

レクサプロの飲み方

水を飲む

1日1回夕食後に服用します。水、ぬるま湯で服用して下さい。症状によっては2錠まで増量可能です。肝臓の悪い人や、高齢の方は1錠にしておいた方が無難でしょう。

よく効いてくるまで2~3週間掛かります。毎日同じ時間に服用することが大切です。なぜ夕食後をすすめるかというと、副作用の中に傾眠傾向があるので、日中、細かい作業などで影響が出やすくなると考えられるためです。

朝服用したい時は、毎朝同じ時間に服用するようにしましょう。

レクサプロの飲み忘れ

レクサプロを飲み忘れてしまった時は、血中濃度が、最大時間・半減期ともに長いので翌朝慌てて服用してしまうと血中濃度のバランスが乱れてしまう恐れがあります。対策方法は2つあります。

いつもの服用サイクルに戻すには、夕食後までレクサプロを我慢する事です。1日空いてしまった位では問題はありません。しかし1日空白ができてしまう事で体が辛くなる方もいます。

もし辛くなってしまった時は朝にレクサプロを半分に割って服用する方法もあります。夜はいつもより気持ち遅めに服用していただき、次の日から元のサイクルに戻しましょう。

レクサプロの効果を出すには、血中濃度をしっかり保つ事が重要なので習慣づけをし忘れないようにしましょう。

妊娠中、授乳中、高齢者、小児の服用に関して

【妊娠中】

妊娠中のレクサプロの服用は、基本的に中止を試みます。しかし妊娠中にSSRIを中止したり変更する際、うつ病の再燃率は6割を超えると考えられています。さらに妊娠期間中にSSRIを飲んでいても産まれてくる子供が先天奇形になるリスクは上がらない事も分かっています。

一般にはレクサプロなどSSRIを妊娠中に飲む事で新生児に重大な合併症を起こす事はないと考えられています。

【授乳中】

授乳中に服用しなくてはいけない理由は、妊娠中から服用していたか、産後うつ病になり新たに服用する必要があるかの2つになります。レクサプロの成分が乳汁中に行かないわけでもありません。

ただし母乳への移行はSSRIの中でも特にレクサプロは低い事が分かっています。産後うつ病になった方も抗うつ剤を服用しない事でイライラが増強し攻撃的になり、赤ちゃんを傷つけてしまう事もあります。可能であれば避けますが母乳を与える事も可能です。

【高齢者】

SSRIは高齢者であっても安全性は高いとされています。ただ副作用もありますのでその点から注意すべき事はあります。

例えば、「血が止まりにくくなる」「便秘や認知機能の低下」「ナトリウムが低くなる事で体の不調を感じる」などが副作用で現れた場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

【小児】

子供に対する抗うつ剤に関してはどの種類にも限らず議論があります。しかし抑うつ状態や不安に有効的でああという報告もあるので一概には駄目とも言えません。

飲んでみないと分からない部分がありますが、なにより本人をしっかり見ていられる環境が必要になります。また12歳未満は適応を慎重に検討とされています。

レクサプロの副作用

頭抱える

レクサプロはSSRIの中でも、もっとも新しい薬なので、副作用も改善されて、少なめになっています。1番多く起こる副作用は悪心、傾眠傾向が起こりやすくなっています。

悪心とは、吐き気や、嘔気を意味します。その他にも下痢といった消化器系の副作用になりますが、これは服用開始したばかりの初期でしたり、増量した時に見られる事があります。基本1~2週間程で治まる事が多いのです。

レクサプロを通販で購入

通販利用

レクサプロは「病院」または「通販」を利用する事で購入できます。定期的に病院に通い、その都度、薬を貰っている方も多いかと思います。しかし正直、待ち時間も長いですし、診察時間は短いしと、少し不満を感じた事はありませんか?

病院で入手できるならそっちの方が安心という方もいると思います。あくまでも参考にしてもらえたらと思います。 ではここで少し病院と、通販の比較をしてみたいと思います。

【病院の場合】

・1ヶ月分で12720円。病院は3割負担なので1ヶ月3816円。1錠あたり123円位になります。

【通販の場合】

100錠で3150円になります。100日分で3150円です。計算すると1錠31円になります。

まったく同じ成分、効果を持つレクサプロなのに、病院で処方して貰うとこんなに差がでてしまうのですね。通販は待ち時間もなく、時間をかけずに安く買える、そして誰とも顔を合わせなくていい、というのが、通販のメリットになります。

通販サイト内で販売されている商品は、海外医薬品ですが、安全性がきちんと確認されたもののみ販売されているので安心して利用できます。

※リンク先はレクサプロのジェネリックです。

レクサプロとデパスの違い

レクサプロとデパスの違いは、似ているように思われがちですが、効果や作用する流れが異なったものになっています。デパスは、不安、緊張などといった症状や不眠の症状が起こっているその状況下で使用する事で対応し、効果もすぐに体感する事ができる抗不安薬になります。

レクサプロは服用したらすぐ効果が体感できるという作用の流れではなく、一定の期間服用し続ける事で効果を得ていき徐々に症状を改善させていく抗うつ剤になります。

レクサプロの半減期

レクサプロの半減期は24.6~55.8時間になります。どうしてこんなに差があるのかというと、1つ目は、薬の成分を分解する早さが人それぞれ違う事。

2つ目は、人それぞれ体重が違うからなのです。例えば体の大きな人は半減期が短くなります。レクサプロの半減期は他の抗うつ剤と比べると長い事が分かります。

参考に他の抗うつ剤の半減期も載せておきます。アモキサンは8時間。アナフラニールは21時間。ルジオミールは46時間になります。レクサプロの55時間は半減期が長い薬だという事が分かります。

レクサプロの注意点

手をバツにする女性

レクサプロは神経伝達物質の量を増やし、抗うつ効果があるのですが、誰でも何も考えずに服用して言い訳ではありません。注意点が何点かあります。

飲む際に注意が必要な人

【片頭痛の薬】

イミグランなどの片頭痛のお薬と併用する事で、脱力感や運動の障害が起こりえます。注意しましょう。

【血液サラサラの薬】

レクサプロの副作用に出血のしやすさがあるので、血液をサラサラにしてしまう、ワーファリン、ロキソニンなどの非ステロイド系の痛み止めには注意が必要です。

【痛み止め】

主に整形外科などで処方されている非ステロイド系の鎮痛剤、例えばロキソニンなどは上記の出血のしやすさを助長するのと、同時に抗うつ剤そのものの効果を減弱する可能性があります。

市販で販売されている、バファリン、カロナールなどの鎮痛剤なら問題ありません。

併用に注意するべき薬

・不動脈がある方
・レクサプロに過敏性やアレルギーがある方
・抗精神病薬のオーラップを内服している方
・パーキンソン症候群薬のエフピーを内服している方

レクサプロに限った話しではありませんが、特にエフピーと組み合わさるとセロトニン症候群が誘発されてしまいます。致死的な副作用になりますので注意が必要です。

レクサプロの口コミ

レクサプロは服用を開始してから、人によっては吐き気や、食欲不振、めまいなど出る事があります。あまりにも副作用が強いと感じられたら服用を中止してもよいと思いますが、たいてい2週間は様子を見て服用を続ける方がほとんどです。副作用はたいてい初期に起こりやすくなっているので2週間も経てば落ち着いてきます。またレクサプロの効果は初期の副作用が収まってから実感できるのです。

【良い口コミ】

・職場で同期が1人もいない中、悩みを相談できる相手もいなくて、悩んでいたら、いつのまにか仕事を休むようになりました。1日、2日と経つにつれて行きたくない気持ちは強くなり、精神的に落ちるところまで落ちてしまった私です。そこで病院に行くと、うつ病と診断されました。その時処方されたのがレクサプロでした。飲み始めて少しすると、周りに対して不安を感じる事がなくなりました。少しずつですが職場にも復帰しつつあります。副作用なのか、少し眠気はあるものの、まったく仕事には支障なく過ごせています。飲み始めて2週間程で効果が見られ、今までの悩みが消えました。ただ病院で処方してもらうと、意外と値段が高いのが悩みです。もし今後も飲み続けるようなら、通販での価格の方が安いのでそちらで購入しようと思っています。(20代 女性)

【悪い口コミ】

・精神科に行くと、うつ病と診断されました。初めて飲む抗うつ剤でした。飲み始めて2時間ほどすると軽い吐き気があり、次の日はまた吐き気と食欲がなくなりました。これは自分にはあっていないのでは?と思い4日経つ頃には、やたらむやみに不安になったりする事がなくなっていました。あの辛かった副作用も今となっては軽く胃がムカムカするくらいです。日に日に食欲も戻ってきたので安心しました。最初の副作用は正直辛かったけど、飲み続けた事で、うつ病の症状はよくなりました。 副作用は人それぞれ違うので自分が強く出てしまっただけなのかもしれません。(30代 男性)

レクサプロのメリットとデメリット



メリットデメリット 【メリット】

・抗不安効果が強い
・副作用が少ない
・他の薬に影響しない
・早い段階で薬をしっかり使える

レクサプロのメリットといえば効果がしっかりしているわりには、副作用が少ない所です。効果と副作用のバランスがとてもよいと評価されています。

レクサプロには純粋にセロトニンだけを増加させる抗うつ剤なので余計な作用が少ないないのです。

【デメリット】

・欧米と比べると処方できる量がやや少ない。
・薬価が高い。
・副作用で眠気がある。

レクサプロのデメリットといえば、欧米より処方できる量が少ない所がデメリットになるのですが、欧米人の方と、日本人では体格も体質も違うので、少ない量でもよいのかもしれないですね。

もう1つのデメリットは薬価が高い所でしょうね。病院で処方して貰うには最大量まで服用する場合、3割自己負担でも月4000円近くかかってしまいます。

安全性のあるレクサプロで改善しよう

空を見上げる女性

レクサプロは副作用も少ないので安心して使う事ができ、更に安全性の高さ、飲みやすさや、効果もあり、世界中に愛用者が多くいます。

また薬というと、飲み忘れがありますが、1日1錠なので何度も飲む必要がないので飲み忘れる事もありません。少し値段が高く感じてしまうかも知れませんが、通販であればまとめ買いが出来るので、安く購入する事が出来ます。

薬を切らさず継続して飲む事でうつ病は改善されていくのです。なくならないように、まとめ買いをしてストックを溜めている方も最近では増えています。

※リンク先はレクサプロのジェネリックです。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識