うつ病だけではない精神疾患


一口に精神疾患といってもその種類は多くあり、同じ症状であっても分類の方法によっては病名が変わるケースもあります。

ここではWHO(世界保健機構)が作成した分類を元に、出来る限り身近で発症しやすい精神疾患の種類や症状をご紹介します。

国内での精神疾患の患者数


まず精神疾患とは精神障害を起こす病気となります。中でも多いものが、気分(感情)障害、パニック障害などになります。

国内で精神疾患にかかっている患者数は300万人を超えるとされ、40人に1人が何かしらの種類の精神疾患を患っています。

それでは、ここから分類ごとに精神疾患の解説をしていきます。

症状性を含む器質性精神障害

脳の外傷や脳梗塞といった病気などによって起こる脳神経系の精神疾患になります。

主に、「アルツハイマー病」や「脳血管痴呆」、「せん妄」、「脳炎後症候群」、「脳外傷」などの種類になります。

精神作用物質使用による精神及び行動の障害

簡単にいうと、覚せい剤や麻薬などの禁止薬物や睡眠薬、幻覚剤、アルコールなどを使用することで起こる症状になります。

依存症やその裏側にある離脱症状、急性中毒、依存症候群、精神病性障害などといった種類が代表的な症状になります。

統合失調症・統合失調型障害及び妄想性障害

統合失調症の症状が続き、思考や行動する能力が長期にわたって低下すると、経過の中で幻覚や妄想を起こすようになります。

統合失調症や持続性妄想性障害、急性一過性精神病障害、感応性妄想障害などが挙げられます。

生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群

摂食障害や睡眠障害、性的な機能不全などが現れる障害です。

拒食症や過食症といった摂食障害、非器質性睡眠障害、性機能不全、器質性障害などの種類になります。

成人の人格および行動の障害

人格障害や性行動に関しての問題などが含まれています。

性同一性障害や人格障害、性嗜好障害、特定が不能の成人の人格および行動の障害などがあります。

精神遅滞

発達が未熟であることや成長の過程で精神の発達が止まってしまうなどの状態を示しています。

精神遅滞のみとなります。

心理的発達障害

脳の機能になにかしらの原因によって発達が遅れてしまい、症状となって現れるものになります。

自閉症や会話および言語の特異的発達障害、学習能力の特異的発達障害、運動機能の特異的発達障害などの種類になります。

小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害

幼少期や小児期あるいは青年期になってからはじめて診断される障害になります。

多動性障害、行為障害、小児期に特異的に発症する情緒障害、チックなどになります。

気分障害


気分障害とは、文字の通り気分が沈んだり、高くなったりする精神障害を起こす病気になります。以前は感情障害と呼ばれていました。

泣いたり、笑ったりする感情の病気よりも、体全体の調子の病気という意味で気分障害と呼ばれるようになりました。

気分障害は大きく分けて2つありうつ病と、双極性障害になります。

その他にも、躁うつ病、反復性うつ病性障害、持続性気分(感情)障害、特定不能の気分(感情)障害などがあります。

うつ病

うつ病の原因の全ては明らかになっておらずモノアミン(神経伝達物質)の異常の1つなのではないかと考えられています。

脳の中の神経の伝達がうまくいかなくなるなどの機能の異常によって起きる病気です。気分が低下してしまい「気分の落ち込み」「何も楽しくない」「疲れた」「集中できない」「死にたい」などの症状になります。

「気の持ちよう」や「心の弱さ」などで起こるものではありません。メジャーなうつ病ですが実は4分の3の人は治療を受けたことがないのです。

そこでオススメするのは、改善させる薬として、デパス、ジェイゾロフト、プロザックなどがあります。

双極性障害

双極性障害とは、うつ状態と軽躁状態が出現する病気になります。躁状態の人でもいずれうつ状態が出てくる事が多いので双極性障害と診断されています。双極性障害は100人に1人くらいしか掛からないので誰でもなりやすいうつ病とは違います。

しかしいったん完治してもほっておくと数年で再発するので、ほぼ障害にわたる予防療法が必要とされています。双極性障害の方は薬の名前さえ分かっていれば、同じ薬を通販で探す事で経済的にも大分楽になるので検討してみてはいかがでしょうか?ラミクタール、ラミクタール・ジェネリックなどが治療薬として使われています。

自律神経失調症

自律神経失調症とは全身の臓器や血管の機能を調整する中枢です。交感神経と、副交感神経がバランスよく働いているのがベストな状態になります。ストレスなどにより自律新鋭が乱れる事でめまいや不眠、手足のしびれ、などといった様々な症状が出てきます。

治療薬として販売されていたのは、デパスのジェネリック薬のエチラームになります。現在は輸入禁止の対象となりました。

 経症性障害・ストレス関連障害及び身体表現性障害

特に女性に多く体の組織に異常はなく、心理的・性格的な原因や、内的葛藤が主な原因となる障害です。不安は誰でも感じます。

しかし、その不安の強さが通常の範囲を超えてしまった時に日常生活に支障を与えてしまいます。強い不安を感じると、恐怖神経症、パニック障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)などが起こる事もあります。

パニック障害

パニック障害とは、思いがけない時に突然起きてしまう動悸や息切れなどといった強い不安を伴う発作です。パニック障害は100人に1人がかかるといわれています。誰でもかかるおそれがある病気なのです。特に女性や若年者に増えています。

パニック障害の発作はとても苦しい症状なのですが、幸い命を脅かすものではありません。今では薬物療法で改善されている方が多いのです。有名な所ですとデパス、ジェイゾロフト、レクサプロなどがあります。

強迫性障害

強迫性障害とは、自分ではつまらないと分かっていてもその事が頭から離れない、そして何度も同じ確認を繰り返してしまうことで日常生活にも影響してきます。意思に反して頭に浮かんでしまったことは払いのけられない考えを強迫概念といいます。

またしないと気がすまないのが強迫行為になります。強迫性障害は心の病気である事に気づかない人が多いのですが、治療によっては改善するのです。今からでも遅くはないので、1度、強迫性障害に効くジェイゾロフト、プロザック、などを飲んでみてはいかがでしょう?

睡眠障害


睡眠障害はよく耳にしますよね?人は健康の為には睡眠をとることは何よりも大切なのです。睡眠は心身の疲労回復をもたらしてくれたり記憶を定着させる免疫機能を強化するといった役割も持っています。睡眠障害=不眠症のイメージが強いですが不眠症以外にも様々な症状があります。現在の20代、30代に多いのは、むずむず脚症候群の方も増えています。

そして多くの人々が睡眠の問題を抱えているのです。不眠症状を改善するには、睡眠薬使用される事がおおいのですが、抗うつ剤や、抗不安剤を使用される事もあります。オススメなのはセディールやソナタジェネリックで女性に人気です。

精神疾患の種類と改善方法のまとめ

精神疾患の種類はこれだけ多くあり、この他にもまだまだあります。全体的にどの症状も女性が掛かりやすいとされています。特にうつ病は国内では100万人を超え、精神疾患の患者総数の1/3を占める割合となります。放っておけば放っておく程、日々悪化していきます。

しかし改善する事で辛さも減ります。種類も沢山あるので悩む所ですがもし強すぎたら、弱めてみるのもありですし、自分にあった薬をみつけましょう。

うつ病の治療薬

うつ病 情報

豆知識